体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドローンにデータ活用―農業×IoTで革命を起こす笑農和の挑戦【#Techスタートアップ 特集】

IoTの力で、「遠隔稲作」を可能に

――笑農和(えのわ)のビジネスについて教えてください。

下村:スマート水田サービス「paditch(パディッチ)」の開発をメインに行っています。水田の水位調整を目的としたIoT水門機器です。

水田は水の管理がすごく大変で、日照時間や雨の有無に合わせて毎日細かい調整をしなければならないんです。農家は通常、複数の水田を持っていますので、これだけでも大仕事なんですね。一人じゃ回れないので、さらに二人雇って回ってもらっている人もいます。

さらに、台風が来たりすると夜中であっても見回りに行く人が多いんですが、富山県の農業用水路の幅が太いので、増水すると急流になってしまいます。富山県は水田の見回りに行って亡くなる人もいて、「水難事故死者数が全国最多」という不名誉な記録を持ってまして……。

そういった問題を解決できないかと思って開発したのが、paditchです。IoT用のSIMカードを搭載し、スマートフォンアプリ経由で、水門の開閉を行うことができ、遠隔での水位調整が可能となります。

――paditchを開発される前は、ネットを使った販促支援サービスがメインでしたね。高齢で、ネットリテラシーがそこまで高くないであろう農家のみなさんに売り込むのは難しくありませんでしたか?

下村:最初は本当に苦労しました(笑)。まだまだ農業にはアナログな工程が多くて、絶対ITが必要だという確信をもって営業に行ったんですけど、農家さんを回ると、こっちの思いとはかけ離れた現場感なんです。

どんなに説明しても「パソコンを売りに来た人」だと思われて、「違うんです。パソコンやスマホにソフトを入れるんです」っていう話をしても、「パソコン使うんでしょ?」って言われるばかりで……いや使うんですけど(笑)。そんなところからはじまりました。

なんとかとっつきやすいところからと思って、うちの商品じゃないんですけど、まずはタブレットの導入からはじめてもらいました。これで写真を撮って、音声で入力すれば作業日誌が簡単に書けますよと。

さらに、ハウスにセンサー置くと温度を自動で記録しますみたいな、できるだけ仕組みが単純なところから理解を深めてもらって、ようやく今、インバウンドでのご相談もいただけるようになった状況です。「今度ハウス建てるんだけど、スマホで温度取れる?」なんて言われると、随分変わって来たなと思います。

株式会社笑農和 代表取締役 下村豪徳氏

エンジニアチームは5人。富山に4人、神奈川に1人

――エンジニアチームは、どんなメンバーでしょうか?

下村:いま5名で、たまたまですが全員富山出身者です。ひとり、神奈川で在宅勤務をしている社員がいますが、あとはみんな富山在住です。入社動機はさまざまで、実家が農家なのでうちのビジネスに興味があるという人もいれば、IoTをやってみたかったからという人もいます。平均年齢は高くて、36歳ぐらいですね。上は50歳で、一番下が22歳です。

――みなさん、御社のどこに魅力を感じて入社されたのでしょうか?

1 2次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy