体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Interview】アプリを使って商談を増やそう!イベント特化型ビジネスマッチングサービス「EventHub」を追う

イベントやカンファレンスには、大きな仕事につながるチャンスが、多く潜んでいる。新規取引先の開拓や、自社製品のプロモートにも大いに役立つ貴重な場だ。企業の発展を望むなら、この機会を逃す手はない。

そこで活用したいのが、この「EventHub(イベントハブ)」だ。「イベントでのつながりを増やす」をコンセプトに開発された本サービス。参加者同士のビジネスマッチング(ネットワーキング)を行うと同時に、商談の機会を増やすというもの。参加者・出展社の検索から、「会いたい」申請の送信、面談時間の提案まで一括で実行する、ビジネスマン必携のアプリだ。

提供元のEventHub社は、創業時からイベントを対象とするサービスを手がけてきた企業。代表取締役の山本理恵(やまもと りえ)氏に、早速詳しい話を聞いた。

・イベントでのビジネスネットワーキングを加速化

Q1:まずはさかのぼって、「EventHub」提供のきっかけから、お聞かせください。

20年以上海外で過ごした私には帰国後、日本と海外のビジネスパーソンをつなぐ“橋渡し”をする機会が、多くありました。(そうした経験から)より多くのビジネスパーソンに、商談の機会を提供したいと考えるようになりました。そこから、イベントにフォーカスしたビジネスマッチングサービスを思いついたのです。

共同創業者で技術者の井関にはもともと、(男女の)マッチングアプリを開発した経験があります。それで、今のようなプロダクトの形に至りました。

Q2:「EventHub」のターゲット層は、どのような人たちなのでしょうか?また、本サービスを利用することで、どのようなメリットがもたらされるのでしょうか。

「EventHub」を導入するターゲット層は、ビジネスカンファレンスや展示会の主催者です。実際に利用するのは、それらに参加している来場者や出展企業、協賛企業になります。

イベント主催者は、商談機会を提供することで、来場者・出展社の満足度向上を得られますし、来場者・出展社ニーズのデータ抽出も可能です。来場者・出展社には、より多くの商談やビジネスの機会を創出します。

・昨夏のソフトローンチ以来多くのイベントで導入

Q3:今回晴れて本格始動となりましたが、それまでにどのような経緯をたどったのでしょうか。ユーザー、企業からの反響も交えて、お聞かせください。

2017年夏にソフトローンチし、これまでに「TechCrunch Tokyo」「Embedded & IoT Technology」「国際会議STSフォーラム」などのイベントで、利用していただきました。

1200名規模のキャリアカンファレンスでは、このうちの1000名が利用しています。ここでは、3100件のメッセージがやり取りされ、750件の商談が生まれました。アジアの教育カンファレンスで導入したときは、来場者から「『EventHub』のおかげで、朝から晩まで商談できた」など、好意的な意見を頂戴しています。

Q4:「EventHub」は今後、どんなサービスに育っていくのでしょうか。未来の展望をお聞かせください。

イベントに参加している来場者や出展社が、たまたま会場で出会った人と名刺交換をするのではなく、参加目的に見合う相手を探し、会場で出会えるようになる。商談の量より質を高め、より価値のある商談や、ネットワーキングができるように致します。

(目標として)今後5年間で、1万イベントへの導入をめざします。ビジネスパーソンがイベントに参加する際は、スマホ片手に「EventHub」を使いながら、ビジネスの機会を作る。そんな世界を実現したい、と思っています。

(取材・文 乾 雅美)

EventHub

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。