体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ロボット は なかまを よんだ!」ボストン・ダイナミクスの新ロボット動画は連携プレイ

「ロボット は なかまを よんだ!」ボストン・ダイナミクスの新ロボット動画は連携プレイ

 アメリカのロボットメーカー、ボストン・ダイナミクスがまた新しいロボット動画を公開しました。今度はロボットが別の個体を呼び、連携して事態に対処する様子が描かれています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 登場したのはボストン・ダイナミクスの4足歩行ロボット「Spot Mini」。目の前にドアがあり、向こう側に行きたいのですが、開けることができません。


「ロボット は なかまを よんだ!」ボストン・ダイナミクスの新ロボット動画は連携プレイドア……開けられない
「ロボット は なかまを よんだ!」ボストン・ダイナミクスの新ロボット動画は連携プレイおーい

 そこに奥から現れたのは、もう1台のSpot Mini。こちらはボディ上面にマニピュレータを装備しています。この個体が登場すると、最初に登場したマニピュレータを持たない個体は、一旦後ろに下がります。
「ロボット は なかまを よんだ!」ボストン・ダイナミクスの新ロボット動画は連携プレイロボットは なかま を よんだ!

 マニピュレータを伸ばし、ドアノブを握るSpot Mini。そのまま扉を手前に開けます。一旦踏ん張るように身をかがめますが、これは前脚を曲げ、開いたドアが閉まらないよう、間に挟むための動きに備えたものでした。

「ロボット は なかまを よんだ!」ボストン・ダイナミクスの新ロボット動画は連携プレイマニピュレータでドア開けます
「ロボット は なかまを よんだ!」ボストン・ダイナミクスの新ロボット動画は連携プレイ前脚でドアを支えて

 さらにマニピュレータをくねらせ、開いたドアを支えます。そして大きく開くと、後ろに下がっていたマニピュレータを持たないSpot Miniが登場。開いたドアから部屋に入っていきます。

「ロボット は なかまを よんだ!」ボストン・ダイナミクスの新ロボット動画は連携プレイマニピュレータにバトンタッチ
「ロボット は なかまを よんだ!」ボストン・ダイナミクスの新ロボット動画は連携プレイドアを大きく開きます
「ロボット は なかまを よんだ!」ボストン・ダイナミクスの新ロボット動画は連携プレイ別の個体を通して

 マニピュレータでドアを支えていた個体は、持たない個体が通過すると、自分も後をついて行き、部屋の中へ。ドアが閉まって動画は終わります。
「ロボット は なかまを よんだ!」ボストン・ダイナミクスの新ロボット動画は連携プレイ自分も中へ

 この動画でデモンストレーションしているのは、離れた場所にいた複数のロボットが連携し、ひとつの任務を相互の機能に応じて役割を分担し、協調して動くという機能。ちょっと見ただけでは判りませんが、相互に通信したり、相手の位置をセンサーで感知して、動きを連動させているわけです。

 ロボットが自律的に連携し、特性に合わせて役割を分担するというのは、相互にデータをやりとりしつつ、最適解を見つけ出して、それぞれの動きを制御するという、実は非常に複雑な処理をしているのです。これをこの大きさ(重量はわずか25kg、マニピュレータ付きは30kg)で実現しているのは驚異的ですね。

 Image:(c) Boston Dynamics 2018

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

新会社「LINE Financial株式会社」設立 仮想通貨など金融事業領域を強化
『月刊いちご新聞』イラストの田村セツコとサンリオキャラが初コラボ レトロ可愛いデザイン誕生!
幻冬舎×CAMPFIREが共同出資会社設立 出版の新しいカタチに挑戦

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会