体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ICカード運賃がキップより高い区間が存在する

ICカード運賃がキップより高い区間が存在する

SuicaなどのICカードが普及した現在「電車の運賃はキップよりICカードの方が安い」というのが常識となっています。しかし、じつはICカード運賃がキップより高い区間が存在するのです。電車の運賃がICカードとキップでなぜ違うかを見ていくとともに、具体的にICカード運賃が高くなる区間を見ていきます。

ICカード運賃は1円単位で決まる

電車の運賃は、基本的にキップで買うよりもICカード運賃の方が安く設定されています。その理由は、ICカードは1円単位で運賃が決まるのに対し、キップは10円未満を四捨五入するからです。ただし、4円以下は切り捨て、5円以上は切り上げとなるため、実際のキップ運賃が4円以下の場合は、ICカードより安くなるケースがあります。

例えば、新橋から東京ビックサイトに行く時、ゆりかもめで新橋から国際展示場正門まではキップが380円で、ICカードが381円。キップの方が1円安くなるのです。東京から日光に行く時、JRで東京~宇都宮~日光と行くとキップは2,590円で、ICカードは2,592円。キップの方が2円安くなります。

このほか、JR総武本線の場合を見てみましょう。千葉~東千葉はキップが140円でICカード運賃が144円とキップの方が安いのですが、千葉~四街道はキップが200円でICカード運賃が195円とICカードが安くなります。

ICカード運賃よりキップが安い

さらに、千葉~佐倉はキップが320円でICカード運賃が324円と再びキップが安くなり、千葉~榎戸はいずれも410円と同額、千葉~日向はキップが580円でICカード運賃が583円とやはりキップが安くなるのです。

ただし、JR東日本は山手線や電車特定区間は1円単位は切り上げとなっているので、ICカードの方が安い、もしくは同額となっています。JR西日本などはICカード運賃・キップともに切り上げとしている会社もあります。

とはいえ「キップよりICカード運賃の方が安い」のは、絶対ではありません。電車に乗る時はどちらが安いのか、乗り換え案内アプリなどで両方の運賃をチェックしてから決めましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

JRのお得な切符の買い方!分割購入で安くする!!
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
青春18きっぷで新幹線をあえて使うワープ技とは
JRのお得な切符ならJR西日本一日乗り放題きっぷ
JRきっぷのキャンセル料をタダにする方法!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy