体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“一人一人にぴったりな着物を” MarMu(マーム)デザイナーの中村麻美さん・amuco.さんインタビュー

趣通信スタッフのちあきです。

2匹の猫が運営する着物ブランドというストーリーのもと、スカーフの柄にヒントを得た個性的でチャーミングな着物を発表するブランド、MarMu(マーム)

着姿が美しくなるように研究された「マイサイズ」仕立てやユニークで目を引くグラフィックが人気です。
デザイナーである中村麻美さんとamuco.さんのお二人に、代表のケビンとスタッフかっくがインタビューさせていただきました。

 

スクリーンショット 2018-02-09 13.51.35

Marmu(マーム)
ファッションデザイナー中村麻美とグラフィックデザイナーamuco.の2人で作る東京拠点の着物ブランド。

中村麻美(写真左)
アパレル業14年目着物歴33年目。3歳から日舞を習い始めたことで着物との関わりができる。
テキスタイル好き着物好きが高じてニットデザイナーをしながら月に10日ほど着付け講師をしつつ着物ブランドMarMuをamuco.と2015年よりスタート。
MarMuではマイサイズ採寸師として誂える時の仕立てのご相談担当。

amuco.(写真右)
グラフィックデザイナー16年目。芸術と民芸が側にあり、着物が馴染む白壁の町で育つ。
生まれ育った環境もあり自然と芸術を学ぶ道へ進み、絵を描くこと、デザインをすることが生業に。

不思議なご縁のもと2013年より着物デザインの仕事へ。
2015年スタートのMarMuでは図案担当として麻美と共に、ものづくりに向き合う。

 

徹底したパーソナライズ。オーダーメイドの色やマームオリジナルの採寸で一人一人にぴったりの着物を

ケビン
今日は僕も仕立てていただいたMarMuの着物を着てきました。ドット柄ですが男性が着てもおしゃれですよね。

本日は @marmu_kimono のお二人 @mami.nakamura @amuco_aki に趣通信でインタビュー取材をさせていただきました。 ・ 昨年、仕立てていただいたドットスカーフの着物を僕も本日着させていただきました^ ^ ・ 天候の悪い中、マミさんアムコさん、ご協力いただきありがとうございました!

A post shared by ケビン (@kevin_omomuki) on Oct 29, 2017 at 1:05am PDT

 

amuco.
単一の色で濃淡をつけたドット、かつ強めのグレーの組み合わせなので男性が着るにも自然な色使いです。

生地はお客様毎に1着1着オーダーメードで色を決めています。お客様のテイストはもちろん、肌馴染みも考慮して一緒に選ぶんです。だからこのカラーはケビンさんのオリジナルです!

 

ケビン
お二人と一緒に自分に合うのはどんな色か選ぶことができ、着物ができるまでの課程もとても楽しかったです!

 

amuco.
ドット柄の着物「ドットスカーフ」はMarMu立ち上げ時に発表したファーストコレクションですが、これまで何度も細かい調整をしているんです。

ドット柄って、簡単に作れそうだと思いませんか?実は幾何学模様は写実的な柄よりもデザインが大変なんですよ。

縫い代の部分もそうでない部分も、ドットとドットの位置関係や幅が同じになるように作っているんです。幾何学模様はシンプルだからズレなどが目立ちやすいのですが、縫い目をまたぐ部分も妥協したくなくて何度も調整しました。

スクリーンショット 2018-02-09 14.13.14
1 2 3次のページ
趣通信の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。