体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【医師監修】もしもおなかの赤ちゃんに病気が見つかったら? 荻田和秀先生(りんくう総合医療センター)に聞きました。

【医師監修】もしもおなかの赤ちゃんに病気が見つかったら? 荻田和秀先生(りんくう総合医療センター)に聞きました。 f:id:akasugu:20180122212248j:plain妊娠したら、赤ちゃんには元気に生まれてきて欲しいと思うのは自然なこと。それゆえに、途中で何らかの異常が見つかった場合、その事実を受容するまでには大きな困難がともなうことでしょう。

胎児の異常を指摘されたお母さんやお父さんがどのように受け止め、どのような行動を起こしたらいいのか、また、妊娠中から出産後にかけて、社会的な支援に結び付ける手立てについて、「コウノドリ」の舞台のモデルとなった、りんくう総合医療センター産婦人科の荻田和秀先生にお聞きしました。

胎児の発育上の問題は、超音波検査で見つかるケースがほとんど

――健診で赤ちゃんに異常がありそう、というサインはどういう時に見つかるのですか?

荻田先生:ほとんどは超音波健診です。超音波診断装置で、全身の外形や臓器について、発育過程ごとにチェックすべきポイントがあって、その際に見つかる、というケースが多いです。

――多くの妊婦さんは、超音波検査=赤ちゃんと会える場、というような期待感を持っているので、そこが出生前診断としての性格を色濃く持っていることをあまり意識していないと思います。

荻田先生:なので、見つかった異常や気がかりについて告げると、ほぼ全員が、まず驚き、そしてたいそう心配されますね。「大丈夫なんですか」と。でも、胎児のうちに治療できる疾患は限られているし、ほとんどは経過を観察していくこととなるので、どうなるかは分からないのです。

すぐに診断が確定するような、よっぽど重篤な疾患であれば、例えばそれが心臓ならば、新生児の心臓外科のある病院を紹介したりして、その病気についてより詳しい情報などを得てもらうことはあります。

生まれてからも病気やケガになる可能性はいくらだってある

――赤ちゃんの病気を受け止め、受け入れるには、時間もかかるだろうし、葛藤もあると思います。

荻田先生:命に係わるような疾患では、より詳細な説明が求められると思いますが、医療者側から最終的にどうしろ、というのは難しいと思っています。

そしてご家族も、時間的な制約もあるなかで、どうするのかを決断するのは大変だと思います。

まず知ってもらいたいのは、100人の赤ちゃんのうち、2~3人くらいが、何らかの先天性疾患を持って生まれてくる、ということです。副耳があるとか指が一本多いとか、今すぐ命にかかわる訳ではない疾患も含めて。

だから、ご主人やご家族と、赤ちゃんに病気があったらどうするのか、というおおまかな方針について、妊娠が分かったときからどんな人も、パートナーやご家族とあらかじめ話をしておいてもらったほうがいいと思います。それが、もしそういうことが判明したときに、自分らしい決断をするための第一歩ではないでしょうか。

ただ、いつも言うのは、親に心配をかけない子どもって、まずいないですからね。おなかのなかで病気、生まれてから病気、どのような違いがあるでしょうか。無事に生まれた後でも、さまざまな病気やケガの可能性があって、その他にもいろんな問題に直面することだってあるでしょう。そして親御さんって、子どもの心配をずっとしていますよね。つまり、全ての子どもが、生まれてから大人になるまでに、誰もが必ず親に心配をさせる存在なのだ、というのは、産むと決めたときに想定していて欲しいな、って思っています。

f:id:akasugu:20180122212151j:plain
1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。