体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

色彩の楽園、南仏コート・ダジュールの美しい町を巡るエネルギーチャージの旅

色彩の楽園、南仏コート・ダジュールの美しい町々をめぐるエネルギーチャージの旅
南フランスのコート・ダジュール地方。「紺碧海岸」の意味をもつこの地方は、文字通り碧い海と真っ青な空、パステルカラーの町並みが広がる色彩の楽園です。

その魅惑的な風景は、ピカソやマティス、シャガールといった数々の芸術家をも惹きつけました。

ただそこにいるだけで元気がわいてくるような癒しの土地、コート・ダジュールで訪れたい6つの美しい町をご紹介します。

ニース

色彩の楽園、南仏コート・ダジュールの美しい町々をめぐるエネルギーチャージの旅
「リヴィエラの女王」とも称される、コート・ダジュールの中心都市ニース。この町を抜きにしてコート・ダジュールは語れないといっても過言ではありません。

ビーチに面して豪華なホテルが建ち並ぶ大通り、「プロムナード・デザングレ」の華やかな光景は世界的にも有名。遊歩道のそばに植えられたシュロの木が南国ムードを醸し出し、高級リゾートらしいゴージャスな雰囲気を肌で感じることができます。

色彩の楽園、南仏コート・ダジュールの美しい町々をめぐるエネルギーチャージの旅
その一方で、ニースは思いがけず庶民的な表情も見せてくれる町。ニースはかつて、現在のイタリアを中心とするサルディーニャ王国の支配下にあったため、旧市街には今でもイタリア文化の名残が見られます。

黄色や赤のカラフルな建物のあいだを狭い路地や坂道が走り、民家には洗濯物がはためきます。ニースに「高級リゾート」のイメージしかもっていなかったとしたら、イタリアの下町のような風景に驚くかもしれません。

色彩の楽園、南仏コート・ダジュールの美しい町々をめぐるエネルギーチャージの旅
ニースを訪れたら、旧市街の東側にある城跡の丘からの眺めは必見。「天使の湾」と呼ばれる美しいカーブを描く海岸線と、赤茶屋根の建物が織り成す絶景が楽しめます。

カンヌ

色彩の楽園、南仏コート・ダジュールの美しい町々をめぐるエネルギーチャージの旅
カンヌ映画祭で世界的にその名を知られるカンヌ。ニースと並ぶコート・ダジュールの高級リゾート地でありながら、人口7万人とニースよりもこぢんまりとしていて、主要な見どころは徒歩で周れるのが魅力です。

海岸に沿って東西に走るクロワゼット通りには、世界に名だたる高級ブランドや5つ星ホテルが軒を連ね、歩いているだけでプチセレブ気分に。

色彩の楽園、南仏コート・ダジュールの美しい町々をめぐるエネルギーチャージの旅
カンヌもニース同様、華やかなリゾート地としての顔と昔ながらの下町の顔をあわせ持つ町。シュケの丘には旧市街が広がり、狭い坂道に漁師たちの家が建ち並ぶ庶民的な景色が広がっています。19世紀までは小さな漁村にすぎなかった、古き良きカンヌの面影を見つけてください。

シュケの丘を登りきったところにあるノートル・ダム・ド・レスペランス教会の塔は、カンヌ市街を一望する絶好のビュースポット。

色彩の楽園、南仏コート・ダジュールの美しい町々をめぐるエネルギーチャージの旅
カンヌからフェリーに乗って、サントノラ島への日帰り小旅行に繰り出すのもおすすめ。レランス大修道院を抱えるサントノラ島は、島全体がシトー修道会の所有となっている修道院の島。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会