体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

江戸時代の「温泉番付表」、関東近郊で格付けの高いTOP5の温泉地はどこ?

関脇は那須温泉!江戸時代【温泉番付】No.1の大関は・・・東日本編
(写真はイメージです)

「ちょっと週末にでも温泉に行きたい」と考えたとき、どこの温泉地が思い浮かびますか? 例えば一都三県の関東に在住していたとしたら、どこをイメージするでしょう? 関東を見回しただけでも優れた温泉街がたくさんあって、甲乙つけがたい魅力をそれぞれが備えています。迷ってしまいますよね・・・。

そこで今回は江戸東京博物館に収蔵されている『諸国温泉効能鑑』の温泉番付表から、東日本で格付けの高い大関、関脇、小結と前頭1枚目、2枚目に認定されたトップ5の温泉地を紹介します(まだ横綱は当時、存在していません)。

五十音順で言えばトップ5は芦之湯(神奈川県)、草津温泉(群馬県)、上諏訪温泉(長野県)、那須温泉(栃木県)、湯河原温泉(神奈川県)の5つ。どのような順位になるか、前頭2枚目から紹介していきますので、最初に並びを考えてみてくださいね。

 

前頭2枚目:芦之湯(神奈川県)

関脇は那須温泉!江戸時代【温泉番付】No.1の大関は・・・東日本編
富士山と箱根

前頭2枚目、ランキングで言えば5位に選ばれた温泉は、芦之湯になります。「芦之湯?」と疑問に思う人も居るかもしれませんが、箱根にある国民保養温泉地の1つですね。国民保養温泉地とは、

<温泉利用の効果が十分期待され、かつ健全な保養地として活用される温泉地を環境大臣が指定している>(日本温泉協会ホームページより引用)

温泉で、全国に97カ所しかありません。全国にある温泉地が3,000カ所以上あると考えると、選抜された温泉といった感じがしますよね。箱根七湯の1つとしても知られています。

芦之湯の泉質は箱根で唯一の中性の硫黄温泉。療養泉としてさまざまな一般適応症があり、各種の皮膚炎に効果が確認されています。ただ、逆説的ですが硫黄泉は皮膚、粘膜の弱い人、高齢者の皮膚感染症の人は禁忌症が心配です。気になる人はかかりつけの医師に相談したいですね。

 

前頭1枚目:湯河原温泉(神奈川県)

関脇は那須温泉!江戸時代【温泉番付】No.1の大関は・・・東日本編
湯河原温泉

第4位は湯河原温泉。地図を見ると分かる通り、静岡県との県境ぎりぎりに位置していて、熱海と隣り合っています。湯河原は万葉集にも詠まれる歴史ある名湯で、夏目漱石、与謝野晶子、谷崎潤一郎、芥川龍之介、島崎藤村など、名だたる文豪が愛した温泉地としても知られています。

泉質は弱アルカリ性の弱食塩泉になります。食塩泉は旧泉質名ですから、現代風の言い方をすれば塩化物泉、いわゆる「熱の湯」ですね。皮膚が塩分でコーティングされるため、お風呂上りでもポカポカを感じられるお湯です。冬こそ出かけたい温泉になります。

 

小結:上諏訪温泉(長野県)

関脇は那須温泉!江戸時代【温泉番付】No.1の大関は・・・東日本編
諏訪湖

いよいよ三役。第3位は長野県の上諏訪温泉になります。長野県のへそのような場所に、花火大会で有名な諏訪湖があり、東岸には1日15,000キロリットルとも言われる湧出量の上諏訪温泉があって、大いに人気を博しています。

上諏訪駅ホームには足湯まであり、学生時代に使い倒した青春18きっぷで、筆者は何度もホームの足湯に素足を投げ入れた思い出があります。立派な温泉宿も多く、昭和の初期に建設された大衆浴場の国指定重要文化財、片倉館も歴史があって有名ですね。

泉質は無色透明のマイルドなアルカリ性の単純温泉が基本になります。一般適応症として、入浴すると自律神経不安定症、ストレスによる諸症状、例えば不眠症、うつ状態に効果があると環境省から情報が出ています。諏訪湖の景観も優れていますので、気持ちのモヤモヤをリフレッシュしたいという場合は、足を運んでみたいですね。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。