体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

速度違反取締りオービスは中が空のダミーが存在

速度違反取締りオービスは中が空のダミーが存在

速度違反取り締まりは大きく「有人式」と「無人式」の2パターン。有人式とは警察官が現場で行う取り締まりで、ネズミ捕りやパトカー追尾式などがそれ。一方、無人式とは路上に設置されたカメラと赤外線ストロボで速度違反者を自動的に撮影するオービスのことです。ただし、オービスには中が空のダミーが存在します。

Hシステムのオービスは置換が進む

路上に設置されている無人式の速度違反取り締まり装置のオービスは、すべて稼働しているとは限りません。中には、動作していないオービスもあるのです。とくに、Hシステムと呼ばれるはんぺん型のアンテナが特徴のオービスによく見られます。

オービスはXバンド(10.525GHz)のレーダー波を使って車速を測定する「レーダー式オービス」と「Hシステム」が存在。近年の主流は、道路に埋め込まれたループコイルで測定する「ループコイル式オービス」と「LHシステム」です。

このうち、Hシステムの製造メーカーは三菱電機。三菱電機は2008年にオービス部門から撤退しており、現在はメンテナンスと裁判関係をサポートしているのみです。レーダー式オービスと同様に、LHシステムへの置換が進んでいます。

オービスのカメラケース内が空っぽ

Hシステムのオービスは、はんぺん型の両脇に赤外線ストロボとCCDカメラがワンセットで並ぶのが通常です。ところが、赤外線ストロボが取り外されていたり、アンテナがなかったり、カメラのケース内が空っぽだったりするのです。

なお、オービスを夜間に通過するときに赤外線ストロボがポッと赤く光ったように見えたことがあるはず。しかし、多くの場合は対向車線を走り去るクルマのテールランプがオービスの赤外線ストロボのガラス面に反射して光ったものです。

実際のオービスの赤外線ストロボはもっと強烈に発光します。YouTubeを検索すれば、実際のオービスの赤外線ストロボの発光を確認することが可能です。

ただし、赤外線ストロボは原理的には肉眼ではほとんど見えません。それでも発光がわかるのは、ドライバーへの警告のために赤い可視光を発光させているようです。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。