体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本田翼の悲しくて甘酸っぱい「バレンタインデーの思い出」とは?

本田翼の悲しくて甘酸っぱい「バレンタインデーの思い出」とは?
J-WAVEで毎週金曜に放送中の番組「AVALON」。豪華ナビゲーター陣が週替わりでお届け中です。2月9日(金)のオンエアは、本田翼が登場! この日は、直前に控えたバレンタインデーの話題で盛り上がりました!

はじめに、バレンタインデーの思い出について。本田は子どものころ、好きな子のためにチョコレートを作って、勇気を出して学校へ向かったそうです。しかし、その好きな子はインフルエンザにかかり、学校を休んでいたのだとか。結局、本田は一生懸命に作ったチョコレートを渡せずじまいで、「家に持って帰ってお兄ちゃんといっしょに食べました」と、当時の悲しくも甘酸っぱいエピソードを紹介しました。

バレンタインデーでは、女子同士でチョコレートを交換することもありますが、本田はもらう側だったそうで、「女子力が高い女の子は『みんなの分も』って友チョコを作ってくれるんです。私はその手間はかけられないタイプだから、もらう専門でしたね(笑)。だって、チョコの量を増やして、ラッピングも多めに買わないといけないから、なかなか友チョコまで踏み切れなかったんですよね」と、振り返りました。

さらに、本田は芸能界でのバレンタインについて「お菓子作りが好きな子がくれたり、ドラマの撮影現場に作ったものを持ってくる人もいる。私はバレンタインデーにドラマの撮影があっても、手作りは持っていかないですね」と話しました。

最後に、チョコレートを贈ったときに胸キュンする相手のリアクションについて、「静かに喜んでほしい」と本田。「あっ、ありがとう……って。リアクションは薄いけど、嬉しい気持ちが漏れてる! みたいなね!」と妄想の世界に入り、興奮気味でした(笑)。

番組では他にも、「バレンタイン直前! 胸キュンセリフグランプリ」を開催し、漫画や映画やドラマ、実際に言われた言葉、妄想の世界のセリフなど、「こんなセリフを言ってほしい」という、夢の胸キュンセリフをリスナーから募集して紹介しました!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「AVALON」
放送日時:毎週金曜 20時−22時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy