体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【賃貸DIY】100均アイテムで作る! 部屋の印象がアップするインターフォンカバー

100円均一の写真フレームで作る 「インターフォンカバー」

インテリアのテイストによっては雰囲気を損なうモニター付きのインターフォン。違和感なく周囲に溶け込むようにカバーを付けてみよう。100円均一で手に入るフォトフレームを使えばリーズナブルに作ることができる。

カバー扉は、コルク板を使ってポストカードを留められるようにしたり、黒板塗料を塗って黒板アートを楽しんだりとアレンジも自由自在! さっそくチャレンジして、部屋の印象をアップさせよう!
部屋の印象がこんなに変わる!|インターフォンカバーの作り方

部屋の印象がこんなに変わる!まずは材料と道具を用意

所要時間:80分(乾燥時間除く)
用意する材料と道具|インターフォンカバーの作り方

用意する材料と道具用意する材料と道具

・フォトフレーム(インターフォンのサイズに合わせたもの)
・蝶番
・取っ手
・扉用板
・厚み調整用木材
・水性ニス
・マグネットシール
・剥がせる両面テープ
・木工用ボンド
・多目的瞬間接着剤
・刷毛
・ノコギリ
・ヤスリ
・曲尺インターフォンカバーの作り方Step1.フォトフレームを解体する

フォトフレームのガラスや背板、留め具を全て外す。裏側を表向きにして使用する。フレームに付いていた背板のサイズに合わせ、扉用板に線を引く。
まずは解体!|インターフォンカバーの作り方

まずは解体!
フォトフレームの背面に合わせて線を引く|インターフォンカバーの作り方

フォトフレームの背面に合わせて線を引くStep2.扉用板をカットする

引いた線に沿って扉用板をカット。
ノコギリで丁寧に切ろう|インターフォンカバーの作り方

ノコギリで丁寧に切ろうStep3.カットした板とフレーム背板を貼り合わせる

カットした扉用板の側面をヤスリがけし、瞬間接着剤でフレーム背板と貼り合わせる。
接着剤はまんべんなく|インターフォンカバーの作り方

接着剤はまんべんなくStep4.フレーム部分に貼る木材をカット

フレームのままではインターフォンを覆う厚みがないため、厚み調整用木材をフレームの各辺の長さに合わせてカットする。
サイズを間違わないように注意!|インターフォンカバーの作り方

サイズを間違わないように注意!

木材にエイジング加工を施すと、アンティーク感が増すので取り入れよう。今回は、ヤスリで傷をつけてみた。
わざと傷をつけてみた|インターフォンカバーの作り方

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy