体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソニー製有機ELディスプレイを使用!投入感をたっぷり味わえるヘッドセット「Cinego」

迫力ある映像を楽しむのに、リビングルームに大型スクリーンはもう不要かもしれない。そう思わせるのが、4K映像をたっぷりと楽しめるヘッドセット「Cinego」だ。

頭に装着すると目の前にバーチャルスクリーンが広がり、高精細な映像を場所を問わず味わえるというもの。映画やテレビだけでなく、ゲームなどでも利用できる。

・ソニー製ディスプレイ採用

早い話、Cinegoはユーザーのためだけの映画館を演出するヘッドセットだ。

ソニーのアクティブマトリクス有機ELディスプレイ(M-OLED)を採用し、サイズは0.7インチ。ここに解像度1920×1080ピクセルで映し出す。

・ストレージ32GB

CinegoはAndoroid 4.4で作動し、Wi-FiとBluetoothで連携。またHDMIやUSBにも対応するのでYouTube映像やアプリ、Nintendoのゲームなど幅広く楽しめる。

ちなみに、Cinegoには32GBのストレージもついていて、ここに映画などをダウンロードして楽しむのもありだ。さらに容量の大きなものはSDカードスロット(上限256 GB)を利用するといい。

・メガネは不要!

ヘッドセットなのでメガネをかけている人は利用できないかと思いきや、見え方を調整できるようになっていて、近視なら度数マイナス4までならメガネなしで視聴できるのも便利だ。

CinegoはIndiegogoで購入することができ、価格は699ドル(約7万6000円)となっている。世界中どこにでも送料無料で発送してくれるので、パーソナルシアターが欲しい、という人は要チェックだ。

Cinego/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。