体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジェイムス・ベイ 新曲「ワイルド・ラヴ」をリリース&【フジロック2018】にも出演

ジェイムス・ベイ 新曲「ワイルド・ラヴ」をリリース&【フジロック2018】にも出演

 英シンガーソングライターのジェイムス・ベイが、【グラミー賞】にもノミネートされたデビュー・アルバム『カオス&ザ・カーム』(2015年)以来となる新曲「ワイルド・ラヴ」を2018年2月9日にリリースした。

 【グラミー賞】3部門ノミネート、【ブリット・アワード】受賞と、デビュー・アルバムが世界的に高い評価を獲得したジェイムス・ベイは、本曲を長年の友人でありコラボレーターのジョン・グリーンと共作し、ソングライティングおよびプロデュースを担当している。また、アデルやフローレンス・アンド・ザ・マシーンのプロデューサーとして知られるポール・エプワースが手を加え、作品を完成させたという。

 ジェイムスは「確かに、1stアルバムでは見られなかった新しいサウンドも今回いくらか入っている。だけどこの新しい音楽こそが、今現在の等身大な自分を描写するのに役立っていると思うんだ。ドレイクやチャンス・ザ・ラッパーが彼らのジャンルの発展に寄与しているように、既存のルールブックをビリビリに破ってしまうようなことができたらいいなって」と語る。

 新曲「ワイルド・ラヴ」についても、「この曲は誰かを好きになるっていう経験を歌った曲なんだ。初めて出会ったその瞬間に感じられるようなことだったり、付き合っているうちに再燃するようなことだったり。あと、誰かに恋い焦がれることを歌った曲でもある。部屋の向こうにいるのに片時も目を離せないとか、僕も経験があるんだけど、この世界のどこにいようと、その相手のことが常に頭に浮かんできてしまうとかね」と語り、実体験を曲にしたことも明かしている。

 久々のリリースに加え、【フジロック2018】への出演も発表されたジェイムス・ベイ。今後のリリース作品にも注目だ。

◎「ワイルド・ラヴ」Lyric Video
https://youtu.be/NsJkUfrqLzY

◎リリース情報
「ワイルド・ラヴ」
好評配信中

関連記事リンク(外部サイト)

【FRF ’18】出演アーティスト第1弾発表 ケンドリック・ラマー/N.E.R.Dらの出演が決定
【NEW MUSIC】今週リリースされた注目の洋楽ソング(2/9付)~カルヴィン・ハリス/ケンドリック・ラマー/シーア/デュア・リパ/ジェイムス・ベイ
ジェイムス・ベイ 待望の初来日東京公演レポート 全身で奏でるパフォーマンスに拍手喝采

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。