体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【深ヨミ】STU48『暗闇』、瀬戸内7県で都道府県別TOP5にランクインしたのは?

【深ヨミ】STU48『暗闇』、瀬戸内7県で都道府県別TOP5にランクインしたのは?
 2018年2月12日付Billboard JAPAN週間シングル・セールス・チャート“Top Singles Sales”では、STU48のデビュー・シングル『暗闇』が152,003枚を売り上げて首位を獲得した。

 STU48は国内6番目となるAKB48の姉妹グループで、瀬戸内エリアを本拠地とし、<1つの海、7つの県>を股にかける48グループ初の広域アイドル・グループ。2017年3月に誕生し、2018年1月にCDデビューと、これまでのグループに比べて結成からデビューのスパンが短かった本作は、初週売上152,003枚と健闘を感じさせる結果となった。

 今回はその健闘を支えた県を調査するため、SoundScan Japanより『暗闇』の都道府県別実店舗売上を抽出し、割合を計算。上位5県は以下の通りになった。なお、売上はtypeA~Gを合計したものとなっている。

STU48『暗闇』
2018/1/31 Release

1位 広島  24.0%
2位 東京  15.0%
3位 大阪  7.1%
4位 岡山  6.5%
5位 神奈川 4.3%

 まず、断トツ1位となったのは広島。地元メディアでの露出やイベントの開催、ご当地グルメとのコラボなど、地元に根差した活動で着実にファンを増やしたことが、セールスに繋がったと考えられる。

 2位は、1月21日に初の単独コンサートを行った東京。続く3位は大阪と、大都市が続いた。そして、4位は岡山がランクイン。広島と同じく露出やイベントの多さが決め手となったことが推測できる。そして5位には、STU48キャプテン・岡田奈々の出身地でもある神奈川がランクインした。

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】STU48『暗闇』が13.7万枚でシングル・セールス首位独走 MONSTA XとSUPER☆DRAGONが続く
STU48デビューシングル『暗闇』発売日に瀬戸内全県にて同時多発プロモーション稼働を実施
STU48、デビューシングル『暗闇』MV公開 

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。