体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

食べても後悔なし! 体が喜ぶ「マクロビ和菓子」とは?

食べても後悔なし! 体が喜ぶ「マクロビ和菓子」とは?
J-WAVEで放送中の番組「ALL GOOD FRIDAY」(ナビゲーター:LiLiCo・稲葉友)のワンコーナー「CHOYA NATURAL BEAUTY」。2月9日(金)のオンエアでは、代々木上原にあるマクロビオティックな和菓子店「和のかし 巡(めぐり)」を紹介。代表の黒岩典子さんが、“体が喜ぶ和菓子”の秘密を明かしました。

まず、同店で発売されている和菓子の特徴を、黒岩さんはこう話します。

「血糖値を上げにくい素材を使っています。糖分も、食べたあと血糖値が上がりにくい有機のアガベシロップのみ。アガベはメキシコで栽培されている『リュウゼツラン』という、サボテンとアロエの親戚みたいな植物です。添加物は天然の重曹を使っています。卵、乳製品、小麦粉、添加物、そば粉、ベーキングパウダー、動物性のものは使っていません」

甘いものを食べたいという欲求と、食べたあとの後悔……黒岩さんは、「これらの気持ちが“背中合わせ”なのを、いつも嫌だなと思っていた」のだそう。

「甘いものを潔く気持ちよく食べるには甘さの線引きがすごく大事。血糖値をあげにくいものを使い、添加物は一切使わない。食べたあとに体が喜ぶものにしたいんです」

有機でいいものを作っている農家をお店で紹介するなど、食材の作り手さんにも注目しています。

お店のいち押しは「福巡り」という雑穀米大福。皮にこだわりがあり、玄米のもち米を使った皮に、黒キヌア、黒豆、炭が練り込まれています。中のあんこも、せっかくの無農薬の豆の皮を捨てずに、全て使って作った独自の「なめらか餡」を使用しています。アガベシロップを使用したすっきりしたあんこで、普通のあんこのように大量の砂糖を使わない、ほどよい甘さが特長です。

「笑みこぼれる餡」という和菓子は、乳製品を使わずに作った生チョコを中に入れた、ゴルフボールより少し小さいくらいのあんこ玉です。小豆の「なめらか餡」、白あんの「白なめらか餡」、有機の宇治抹茶を入れた「抹茶餡」、「かぼちゃ餡」、2月限定で「いちご餡」を出しているそうです。

「ヘルシーなスイーツが食べたい」という方、ぜひ「和のかし 巡」の和菓子をチェックしてみてください!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ALL GOOD FRIDAY」
放送日時:毎週金曜 11時30分−16時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/goodfriday/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。