体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

検証!日本人離れした顔を持つ僕は、どこまで現地人に間違われるのか

検証!日本人離れした顔を持つ僕は、どこまで現地人に間違われるのか

どうも、ワクワクに素直に世界一周中のteriyakiです。よく旅人に旅の醍醐味を聞くと、「現地の人との触れ合い」という答えが返ってきます。でも、それって僕に言わせれば、まだまだ甘い。

今回僕が提案する旅は「現地の人と触れ合う旅」ではなく、「現地の人に間違われて、もう現地に混ざってしまう旅」です。

これから旅にでる皆さんの参考に絶対なるはず。最後までしっかり読んでくださいね。

 

ワールドワイドな顔の僕

photo by teriyaki

さて、本題に入る前に大切なことを確認しておきたいと思います。まずは上の写真をご覧ください。これ誰だかわかりますか?僕です。teriyakiです。

photo by teriyaki

さて、写真を見てお分かりの通り僕はれっきとした日本人です。え?写真を見てもわからない?

そうなんです。僕の顔は誰もが認めるワールドワイド顔。小さな頃から「両親は外国の人?」とか、「純粋な日本人ですか?」と聞かれることが多くありました。

 

僕自身はどこからどう見ても自分は日本人顔だと思っているのですが、周りからはそうは見えないようです。

でも、悪い気はしません。ほら、だいたいハーフやダブルと呼ばれる人ってイケメンや美女が多いじゃないですか?一時期ハーフタレントってすごく話題になったし。しかも世界基準の顔ってなんか響きだけで格好良い。

え?イケメンではない?とりあえず、今回はそれに関してはおいておきましょう。

 

せっかく世界一周するなら

photo by teriyaki

というわけで、そんなワールドワイドで世界基準の顔を持つ僕が世界一周することになりました。

先に言っておきますが、決して顔がワールドワイドだからって理由で世界一周を決めたわけじゃないですからね!もう少しだけちゃんとした動機です。でも、動機は今回の件には関係ないのでとりあえずおいておきましょう。

 

せっかく世界一周するなら…僕の中に湧き上がる熱い想い

photo by teriyaki

ただ、動機は違えど、世界一周を決めた時から僕の中に湧き上がる熱い想いが。それは「せっかく世界一周するなら、僕のワールドワイドな顔がどこまで通用するか試してみたい」というもの。

よく海外リーグに挑戦するサッカー選手が抱く「僕の技術がどこまで世界に通用するか試してみたい」とほぼ一緒です。

 

というわけで、せっかく世界一周するので、どこまで現地の人に間違われるか試してみることに。旅の新スタイル「現地の人に間違われる旅」の誕生です。

 

ルールを作ってみた

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy