体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カリふわ生地のお好み焼き「スジ焼」

2月10日放送の「王様のブランチ」(TBS系、午前11時59分~)では、絶品お好み焼き店を巡る特集で、「戸田亘のお好み焼・さんて寛」(東京都港区)が紹介された。

同店は地下鉄南北線・六本木一丁目駅から徒歩3分のお好み焼き店。

カリフワでお店の絶大な人気を誇るのが、「スジ焼」(1,000円/平日ランチ価格)。青ねぎがたっぷり載ったところをヘラでザクザクと割っていくと、ねぎの下にあった卵がとろ~りと現れる。店を訪れたのは小泉遥さん、小林麗菜さん、鈴木伸之さん。熱々のすじ焼きを頂いた鈴木伸之さんは「うん!めっちゃうまいっすね!外カリカリしてるんですけどね、中ふわっふわっすね、濃厚。バクバクいけちゃう!」とコメント。

こちらの店ではオーダーを受けてから大きめのボウルで具材を混ぜる。小さな空気の気泡を作りフワッとした食感に仕立て、広がらない程度の少なめの水分で生地をつくるそうだ。さらに味わいの決め手は8時間以上煮込んだ、旨みの凝縮された牛すじだ。焼き上げる時に牛から出る良質の脂を生地と絡ませ、表面をカリッとした食感にさせる。仕上げはマヨネーズ、甘辛特製ソース、半生に焼いた卵とたっぷりの青ネギで完成だ。
小林麗菜さんの「すじの旨みだったり甘味だったり凝縮されてて、食べるほど美味しさが溢れ出る感じですね」というコメントに、アクセントとしてコショウを使うのもオススメと紹介。すじ焼きとの相性も抜群で、パンチの効いたアクセントが出て、美味しさが引き立つのだそう。

お店ではオススメのオリジナルメニューも紹介された。塩味に仕上げた「イベリコ豚ベーコンポテトチーズ」(1,450円)や、自家製カレーをチーズと絡めた「そばめし・焼きカレーチーズ」(1,200円)など、中でも人気なのが、期間限定メニューの「牡蠣と貝柱のタルタルお好み焼き」(1,600円/期間限定2月28日まで)だ。今が旬のプリプリ牡蠣と大ぶり貝柱をカリフワ生地で焼き、きゅうりの入った特製タルタルソースをかけて頂く。
一同は「美味しい」「こんな牡蠣がごろっと入ってるんですね」「旨みエキスが堪らなくないですか」と口々にコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:戸田亘のお好み焼 さんて寛 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:六本木のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:六本木×和食のお店一覧
利尻昆布をたっぷり使った「焼き醤油らーめん」
鰹節出汁と楽しむ炊き込みご飯

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。