体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

食材だけでなく作り方にもこだわったお好み焼き

2月9日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、全国各地の食材を使ったオリジナル料理のグルメフェアについて特集したコーナーの中で、「池袋ぱすたかん」(東京都豊島区)が紹介された。

JR池袋駅から徒歩8分、東京メトロ東池袋駅から徒歩3分の所にある商業施設内に店を構える同店はお好み焼き・鉄板焼きの専門店。

同店のグルメフェア限定メニュー「北海道ホタテの粉雪チーズ焼き」(1,274円/税込み)は、オホーツク海でとれた北海道産ホタテを使用した一品。
お好み焼きの生地をふわふわ食感に仕上げるために、同店では鉄板の上でフタをして蒸し焼きにする。同店の店長によってお好み焼きが調理されていく様子を見ていた中島芽生さんが「こちらフタをするんですか?」と聞くと、店長は「フタをすることによって、ふっくら熱々、厚みのあるお好み焼きに仕上がります」と答えた。お好み焼きを蒸している間はフタを開けずに動かさない事がふっくらとさせるポイントだという。
蒸し焼きが終わった後に、少し甘酸っぱいソースをお好み焼きの表面に染み込ませ、その上から牛乳、塩、チキンブイヨンを合わせたとろみのある白い特製ソースをかけ、さらに塩気のあるナチュラルチーズの粉をたっぷりとかけてお好み焼きが完成。

出来上がった「北海道ホタテの粉雪チーズ焼き」(1,274円/税込み)を食べた中島芽生さんは「クリームとチーズがマッチしています」「お好み焼き自体は本当にふわふわですね」「ホタテがたっぷり入っているので、ひと口ひと口ちゃんとホタテがいます」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:池袋 ぱすたかん (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:池袋のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:居酒屋のお店紹介
ぐるなび検索:池袋×居酒屋のお店一覧
利尻昆布をたっぷり使った「焼き醤油らーめん」
鰹節出汁と楽しむ炊き込みご飯

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。