体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

身がぎっしりと詰まっていて食べ応え抜群な「加能ガニ」

2月11日放送の「バナナマンのせっかくグルメ!」(TBS系、午後18時30分~)では、石川県金沢市を訪れたら絶対に食べておきたい絶品グルメを探した旅の中で、「鮮彩えにし」(石川県金沢市)が紹介された。

同店は、JR北陸本線の金沢駅兼六園口(東口)から徒歩12分、車で4分ほどの場所にある海鮮料理がいただけるお店。カニ料理は前日予約が必要となっている。

番組では、お店のメニューとして「海鮮えにし丼」(2,780円/税込)、「ミルフィーユ寿司」(1,280円/税込)、「加能ガニ」(18,000円/時価)、「のど黒ひつまぶし」(3,800円/税込)が紹介された。
加能ガニは石川県産のズワイガニの中でも特に質の高いカニ。冬の日本海で育った加能ガニは身がぎっしりと詰まっていて甘く、食べ応えが抜群だそうだ。
「加能ガニ」は新鮮な加能ガニを使用した刺身料理。濃厚なカニ味噌を付けていただくそうだ。
「のど黒ひつまぶし」は炙ったのど黒の上に金粉やウニが載った贅沢づくしの一品だ。

「加能ガニ」が目の前に来ると日村勇紀さんは「うわー来た!はい来た、はい来た-!うひょひょー!これはやばい!これはやばい!」と喜びを隠せない様子でコメント。そしてこれをいただくと「やばいやだー、やだー!!うめぇー!!うわ、参った。こんなに美味いのかよ。うわー。いやー、この味噌やばいな。こいつすげえな。食べたことない、こんなの」とコメント。続いて加能ガニの「焼き」をいただくと「これこれこれ!焼くと身がキュッとなってカニの甘さが同時にギュッとなるから最高。香ばしさも最高。俺もう本当ダメだもう。美味すぎるわこんなの。どうなっちゃうんだろう俺。ありがとうございます」と絶賛した。

その後スタジオで「のど黒ひつまぶし」を一同が食すと「美味しい!何これ?!え?すげー美味い!」「あったかいご飯の上に載せているから脂が溶けている感じでトロトロなんだよね!」と口々に称賛の声をあげた。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:鮮彩 えにし (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:金沢のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:居酒屋のお店紹介
ぐるなび検索:金沢×居酒屋のお店一覧
利尻昆布をたっぷり使った「焼き醤油らーめん」
鰹節出汁と楽しむ炊き込みご飯

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。