体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【賃貸DIY】目指せ収納上手!クローゼット内を100均アイテムで使いやすくアレンジする方法

クローゼットのデッドスペースを100均のワイヤーネットで活用!

クローゼット、あなたはしっかり使いこなせているだろうか? 実はクローゼット内にはデッドスペースがいっぱい。ここではそんなデッドスペースを上手に使いこなす方法をご紹介。

クローゼットの壁を利用してベルトやネクタイなど、意外と置き場に困る小物類をきれいに収納しよう!
100均のワイヤーネットでデッドスペースを活用

100均のワイヤーネットでデッドスペースを活用
■ 制作時間 10分
■ 制作費 432円
■ 難易度 ★☆☆材料伸縮式つっぱりポール

価格:108円(セリア)
ワイヤーネットを壁に掛けるためのつっぱり棒。長さはクローゼットの奥行きに合わせて選ぼう。素材もさまざまな種類がある。今回はシンプルにシルバーをチョイス。
100均ならどこでも手に入るつっぱりポール(棒)|伸縮式つっぱりポール(セリア)

100均ならどこでも手に入るつっぱりポール(棒)ワイヤーネット

価格:108円(セリア)
100円ショップではさまざまなタイプのワイヤーネットが販売されている。大きさも色も異なるので、クローゼットの奥行きや部屋の雰囲気に合わせて一番しっくりくるものを選ぼう。
S字フックを引っ掛けたりして使うDIY界ではもはや定番のアイテム|ワイヤーネット(セリア)

S字フックを引っ掛けたりして使うDIY界ではもはや定番のアイテムワイヤーネット用フック

価格:108円(16個入/セリア)
ワイヤーネットにしっかりはめ込むことができる専用のフックは、物を掛けてもズレにくくて便利。ネクタイや時計、ネックレスやストールなどを掛けて使う。S字フックでも代用可。
専用のフックを使えば荷物を掛けても安定する|ワイヤーネット用フック(セリア)

専用のフックを使えば荷物を掛けても安定するキャンドゥ 結束バンド

価格:108円(30本入/キャンドゥ)
ケーブルなどの配線の固定に使われている結束バンドは、その強度の高さからさまざまな用途に使われる。ネットなどの固定にも使え、そろえておきたいDIYグッズのひとつ。
さまざまな用途に使える結束バンド|キャンドゥ

さまざまな用途に使える結束バンドクローゼット収納の増やし方1.つっぱり棒を設置する

クローゼットの奥行きに合わせてつっぱり棒を設置する。まずは長めに伸ばしてから、押し込むようにしてはめ込むとズレにくくなる。
つっぱり棒は上から1~2cmあけたところに設置

つっぱり棒は上から1~2cmあけたところに設置2.ワイヤーネットを取り付ける

つっぱり棒に結束バンドでワイヤーネットを取り付ける。
余ったストラップは切り取ったほうが見た目もスッキリする

余ったストラップは切り取ったほうが見た目もスッキリする3.フックを掛ける

ワイヤーネット用フックを掛ける。掛けたい物の大きさや形状に合わせて配置するとよい。
ワイヤーネット用フックはさまざまなサイズがあるのでサイズ確認を忘れずに

ワイヤーネット用フックはさまざまなサイズがあるのでサイズ確認を忘れずに安価で手軽に壁に収納ができた!

細かな小物を収納できる、クローゼット内収納の完成! 材料はたったの432円。

男性ならネクタイや時計、女性ならアクセサリーやストールなどを掛けて使うことができる。これでクローゼット内もきれいに片付くはず!
クローゼット内がすっきりした!

クローゼット内がすっきりした!教えてくれたのは?大橋わか先生

おうちデトックス代表。収納インテリアアドバイザー。収納術を得意とし、セリアなどの100均グッズを使ったDIYが人気。整理収納のセミナーや研修を行い、メディアにも多数出演している。web:http://ouchi-detox.com/

一人暮らし向けの賃貸物件はこちら!

監修=大橋わか
文=吉本小雪
写真=古本麻由未

※「CHINTAI2018年1月号」の記事をWEB用に再編集し掲載しています
※雑誌「CHINTAI」2018年1月24日発売号の特集は「不思議なくらい いい部屋が見つかる本」。こちらから購入できます(毎月24日発売)
https://www.chintai.net/magazine/あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけようあなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう

CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。