体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

離乳食は無駄なく効率よく!ベビーフードをまとめ買いしてストック

f:id:akasuguope01:20170909215951j:plain

娘が生後5ヶ月になってから離乳食を始めて、より一層育児が慌ただしくなったように思います。

朝起きて授乳してから、娘を遊ばせつつ洗濯や台所周りの家事。終わってから離乳食の準備。食べさせてまた授乳して、朝寝の寝かしつけ。

とにかく朝起きてからはやることが多くて、元々そんなに要領もよくない私は毎日ドタバタしています。

離乳食も事前に1週間分作って冷凍しておく方法でやっていますが、お皿に移してレンジで温めて冷まして、という準備もそれなりに時間がかかります。

娘が1人遊びをしてくれていればまだ余裕があるのですが、ぐずり始めたらあやしながら用意してで、もうテンヤワンヤです!

こんな時にフリージングしてある離乳食のストックが切れていようものなら…もうため息が止まりません(笑)。 関連記事:離乳食の脱マンネリ化!ベビーフードを使うと料理の幅が広がった!

そこで、有効活用させているのが市販のベビーフードです。賞味期限が割と長いので、安い時にいくつかまとめて購入してストックしてあります。

これが私の強い味方!瓶のタイプやパウチのタイプなど様々な種類がありますが、私は瓶のタイプが好きです。

開けてお皿に移してあげるだけ!まだ丸ごとひと瓶分は食べられないので今はお皿に食べる分だけ取っていますが、瓶から直接あげることも可能だそうです。そして温めずそのまま食べられるのが時短でとっても魅力的。また、トウモロコシとか薄皮をむいて潰して、という作るのに手間がかかるものは特に助かります。

離乳食を始めてから1ヶ月以上経ち、沢山の種類の野菜や果物が食べられるようになってきたので、ベビーフードも食べられる種類が増えました。今のところ、好き嫌いもアレルギーも出ていないので、食べたことのある野菜や果物に関しては安心して利用できています。

元々、お弁当に使う冷凍食品やレトルト食品があまり好きではなく、自分で作りたいと思っていた私。離乳食も同じで、ベビーフードに頼らず自分で作ろうと思っていました。

しかし、効率よく、無理なくやっていくには、ベビーフードや冷凍食品に頼るのも必要だなと改めて思います。

ベビーフードの味見もしてみましたが、なめらかで食べやすく、素材の味がちゃんとありました。

基本的には自分で作った離乳食をあげたいですが、外出時や慌ただしい時など、これからもベビーフードも活用しながら無理なくやっていきたいなと思います! 関連記事:「離乳食は手作りでなければ」というのは自分の思い込み!? 神経質だった私がラクになった理由

f:id:akasuguope01:20170908101628j:plain

こんにちは!現在6ヶ月の娘を持つ新米ママのすずこです!両親は共働き、義理の両親は祖母の介護でほぼ頼れず、夫は日曜以外は起きてる時に帰宅できず…おまけに見知らぬ土地に引っ越してきたばかり!ズボラな性格で失敗もありますが、なんとかなる!なんとかする!で明るく楽しくワンオペ育児に奮闘中です!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。著者:すずこ

年齢:27歳

子どもの年齢:0歳6ヶ月

関連記事リンク(外部サイト)

食べてくれない離乳食。食器セットとお兄ちゃんの協力で乗り越える
赤ちゃんがいると規則正しい生活って難しい。毎日同じ時間に離乳食をあげたいけど…
5ヶ月から始めた離乳食。ゆっくりと子どものペースで進めました

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。