体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「インフルエンサーが活躍できるインフラ」をBitStarが創る!【#TechスタートアップPR特集】

インフルエンサーとテクノロジーの力で新しい産業を創出する

――BitStarさんのビジネスはどういったものなのでしょうか?

渡邉:「インフルエンサーが活躍できるインフラを作る」というビジョンのもと、3つの事業を運営しています。一つ目がインフルエンサーと企業のマッチングプラットフォーム「BitStar」(ビットスター)、二つ目がインフルエンサープロダクション「E-DGE」(エッジ)、三つ目がメディア制作事業です。

三事業の根幹であるBitStarのテクノロジーが競合差別化につながっています。これらの事業をグローバルに展開させるのが、大きな方針です。

――裏側のテクノロジーというのは、どういったものなのでしょうか。

渡邉:マッチングプラットフォームであるBitStarに関して言いますと、企業様とYouTuberの方をマッチングさせるプラットフォームです。2,000人のYouTuberにご登録いただき、これまで2,000本以上の動画を作成、配信してきました。効率的なマッチングから納品、配信までを管理する仕組みがあります。

また、インフルエンサーのデータをもとに最近開発したのが「Influencer Power Ranking」(インフルエンサーパワーランキング、以下IPR)です。テレビ局をはじめとしたメディアであったり、代理店、広告を出稿していただいているクライアント企業のマーケター向けといったto B向けに月額制で提供しているビジネスです。

動画視聴数だけを見ても、エンゲージメントの大小は把握できません。認知がある人より、ファンの人気が高い(エンゲージメントが高い)人の方がPR効果が良いケースが多いので、SNSでのエンゲージメントや旬なインフルエンサーのランキングなども可視化してキャスティング提案に活かすという感じです。

IPRでは、弊社プロダクションに所属していない人も含め、競合他社がどのインフルエンサーにどれぐらい予算を割いているとか、どれくらい広告出稿していて誰をキャスティングしているかというのも全部わかります。

今、誰が旬で伸びているかというのもわかるので、有名な人しか起用してこなかったクライアントに対してもデータに基づいた新しい提案ができますし、「マーケター1人雇うよりはIPR」というコンセプトに共感いただくクライアントも増えています。さらにプロダクション事業部である「E-DGE」の方にもシステムがあります。

株式会社BitStar 代表取締役 渡邉拓氏

渡邉:プロダクションのシステムってなんぞやって話だと思うのですが、従来はアナログだった”スターを生み出す過程”を、ITで仕組化しています。

タレントの発掘といえば路上の声かけやオーディションが主戦場だったわけですが、我々はインフルエンサーのデータをクローリングして、誰がそもそもYouTuberで、どんな人が伸びていて旬なのか、ということを解析してスカウトの優先順位を明確にし、スターと成り得る人材を見つけます。

育成に関しても動画の分析結果を所属タレントにフィードバックし動画の作り方などのアドバイスに活かしはじめています。

三つ目のメディア制作事業に関しては、インフルエンサー育成用の分析ツールを活かして、番組制作する際にデータを活用してどのようにしてPDCAを回していくべきかがわかるようになっています。まだこれは開発途上ではありますが。

他にも開発中なのが、ファンクラブを誰でも立ち上げられるようなシステムですね。今までだと芸能プロダクションに入って、なおかつ数千人以上ファンがいないと立ち上げられなかったのが、今後はクラウドサービスを使えば誰でも簡単に立ち上げられるようになります。

初期費用・ランニング費用無料で、月額のファンクラブ料金から手数料をいただくモデルを考えています。

このようなインフルエンサーに関する事業を一気通貫でやっているので、シナジーも生みやすいですし、競合他社との差別化にもつながっていると思います。

また、巨大ではあるものの、アナログで非効率なコンテンツ産業において、インフルエンサーとテクノロジーをかけ算することで今までにない新しい産業が創れると確信しています。

毎日全員でランチにいくエンジニアチーム

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会