体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!

これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!

お皿のままラップかけて冷蔵庫にしまうとき、ぴたっとラップできる皿もあれば、スッカスカのつるつるで、ちっともラップが効かない皿もある。これって器の材質や形状によるもの。

もちろん、タッパーや保存瓶といった専用の保存容器に移し替えればいいだけのこと。でも、それとて手間。というときの強い味方。

どんな形状にも

ピタッと密着

これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい! 「UnLid」は、どんな容器にもピッタリとフタができるシリコンラップ製。もちろん使い捨てではないので、環境にもお財布にもやさしい設計。これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!

伸縮自在でラップがかけにくい形状の器でも、らくらく密閉できるっていうのがうたい文句なんだけど、動画を見てみれば、たしかに液体を入れて逆さにしても漏れない!これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!

そのまま電子レンジOK

冷凍だってOK

熱にも冷たさにも強い、これも「UnLid」の魅力。そのままレンチンしてもよし、冷凍庫に入れても大丈夫だそう。230℃まで耐えられるというから、蒸し料理なんて簡単にできちゃうし、ちょっとした料理ならば鍋のフタ代わりにしてしまってもいいかも。

意外とウレシイ!
缶詰、缶ジュース、果物だって

これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!

どうやらかなり伸縮するらしく、アイディア次第ではこんな使い道も。

飲みかけの缶ジュースにかぶせておいたり、フルーツの断面(スイカもOKらしい)もいけるっていうあたり、目からウロコかも。これを、私は「保存ラップ革命」と呼びたい!

トップには、保存期間を示すダイヤル付き。こういう点もちゃんとしててイイですよね。Indiegogoでは、じつに12,000%を超える出資を集めてしまったみたい。イイ感じで日本に入ってきそうですね。Licensed material used with permission by Two Pillars

関連記事リンク(外部サイト)

なぜ、保存容器に「琺瑯(ほうろう)」が選ばれているのか?
使い切れなかった食材は「塩漬け」で保存食にしよう
冷凍しないほうがモッタイナイ野菜があった!

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。