体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

私のひとり旅のはじめ方。最初はみんな絶対怖い(伊佐知美寄稿文)

私のひとり旅のはじめ方。最初はみんな絶対怖い(伊佐知美寄稿文)

知らない街、通ったことのない道、聞きなれない言葉、見たことがないモノ。

「はじめまして」のコトたちが、すべてきらきらと光って見える世界。

2016年4月に始めた私の世界一周のひとり旅は、そんなドキドキとワクワクに満ちた道が続いており、今もまだ終わっていない。オーストラリア・ウルルから最寄りの街・アリススプリングスまでの500kmのまっすぐな道

50カ国100都市、国内は47都道府県すべてをめぐった31年の人生。きっとこれからも、カメラを片手に私はライターと、エディターと、フォトグラファーという肩書で生きていくんじゃないかと思うし、生きていきたいなぁと思っている。

……というと、なんだかすごく格好よく聞こえるけれど。

本当は、ひとり旅が泣きたいほど怖かったこと、準備の仕方が分からなくて「世界一周 荷物 女性」とかで検索をしまくったこと(お金の持っていき方とか、予防接種なども)。初めて海外の空港に立ったとき、足がすくみそうになったこと。せっかくひとりで外国を歩いているのに、英語がまるで話せなくて「もう日本に帰りたいよぅ」と沈んだこと。

そんな格好悪いサムシングたちを、そのまま隠しておければいいのだけれど、当時は抱えたまま、旅していた。

振り返れば、最初は身近で小さな旅から始めていった。

私だって、誰だって、はじめから世界一周なんて、ひとり旅なんてできたわけじゃない。

今回は、そんな話を書きます。

知らない世界をこの眼で直に、見たかった

ものすごくそもそもだけど、どうしてひとり旅になんて出る女になってしまったのだろう?。

その理由を自問自答したら、「世界をこの眼で見たかったから」というシンプルな答えが返ってきた。

いろんな格好いい理由を今なら並べられるけど、結局のところ私は「単純に旅に憧れていた」のだ。だって素敵そうじゃない。「世界を股にかける、自由な女」。

「今と違う自分になりたかった」というのも大きな理由だった。日常から一歩抜けて新しい道を歩けば、なんだか今までと違う自分に出会える気がしていた。

「ジェットセッター」という言葉にも憧れてた。村上春樹さんの紀行本『遠い太鼓』を読んで、書き物をしながら暮らせたらどんなにいいか、と毎晩眠る前に思っていた。

ひとりで日本を、そして世界を旅し始めた20代

旅は、国内の旅を重ねながら、徐々に海外に移行していった。

初めてひとりで国内を移動したのは、たしか東京から金沢への夜行バス。現地で友人らが待っているとはいえ、新宿のバスターミナルから、ひとり深夜にバスに乗るそのステップは、緊張で踏み外しそうだったことを覚えている。

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy