体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SILENT SIREN、リクエストライブにて数々の名曲を披露

2月11日、EX THEATER ROPPONGIにて『別冊カドカワDirecT Presents「SILENT SIREN サイファミVSサイサイ ALL TIME REQUEST LIVE」』が開催された。これは2017年・下半期のSILENT SIRENの活動に密着取材していた『別冊カドカワDirecT』による企画で、彼女たちが表紙を飾る最新号の発売記念と共に同プロジェクトの集大成となる。
2月11日@EX THEATER ROPPONGI photo by ハタサトシ (okmusic UP's)

タイトルにもあるとおり、この日のライブはSILENT SIRENのインディーズ時代から最新シングル「ジャストミート」まで、全85曲からサイサイファミリー(※SILENT SIRENファンの総称)の投票をもとにセットリストを組んだ。これはサイサイ初の試みだ。

会場の扉を開けると、三方をロープとポストに囲まれたリング風のステージが目に飛び込んでくる。“サイファミVSサイサイ”というタイトルどおりのセットだ。場内はバンドのイメージカラーであるピンクのTシャツ姿のサイファミで埋め尽くされていて、開演前から熱気がすごい。

最初に登場したのはオープニングアクトのMade in Raga-sa。昨年の“サイサイフェス”で行われたTent Stageオーディションでグランプリを獲得した4ピースロックバンドだ。切なげなメロディと力強い演奏が魅力で、結成からまだ3 年弱とは思えない堂々たるパフォーマンスを見せた。

さあ、ついにサイサイの登場。ステージが暗転し、会場を揺るがすほどの歓声が響くなか、ステージ後方に設置されたスクリーンにオープニング映像が流れる。『見せてやるよ、うちらの本気!』『余裕っしょ!』『うちらの圧勝だね!』といったサイサイメンバーの意気込みと、ライブ前に収録されたサイファミたちによるコメントが交互に流れる演出で、のっけから対決ムードを煽る。

そして、「無音の警告」にのってメンバーがステージに現れると、場内はさらに大きな歓声に包まれた。サイファミ注目の1曲目は「Routine」。イントロが鳴らされると同時にスクリーンに浮かび上がるのは「7位」の文字。こんな形で各楽曲の順位が発表されていく。

続いて、『思い切りかかってこいよー!』というすぅ(Vo&Gt)の絶叫とともに始まったのはアップテンポなナンバー「イブニングスター」(8位)。すぅが彼女のお母さんを想いながら書いた曲で、ライブで披露されるのは数年ぶりとのこと。さっそくのレア曲投入に客席は大いに湧いた。

さらに、『最後までみんな気合い入れていくぞー!(すぅ)』というMCを挟んで、「want CHU♡」(4位)のイントロが鳴らされると、再び喜びと興奮が入り混じった歓声が上がる。ゆかるん(Key)のリードに合わせて、フロアでは手が一斉に左右に揺れた。間髪入れずに「→」(3位)、「初恋記念日」(10位)とポップなナンバーが続くが、『ここから切り替えて、もっともっと声出せますかー!』というあいにゃん(Ba)の煽りとともに始まった「milk boy」(6位)で一気にテンポアップ。ひなんちゅ(Dr)が叩き出す性急でタイトなビートで場内の熱がグッと高まる。この楽曲の振り幅はサイサイならではのもの。実にかっこいい。

ちなみに、この日のステージ衣装もサイファミの投票によって選出された。1位を獲得したのは、2015年に行われた“年末スペシャルライブ 覚悟と挑戦”の衣装。ワールドツアーでも着用した和を意識したものだ。

MCを挟んだあとの中盤戦は、ポップでキュートな「stella☆」(13位)からエモーショナルで疾走感のある「八月の夜」(15位)という、サイサイの魅力をギュッと凝縮した流れから、アルバム未収録のカップリング曲ながら厚い支持を集めている「チャイナキッス」(14位)になだれ込むという実にスリリングな展開。これに対してサイファミは拳を突き上げて応えていた。

この流れを受けて、ひなんちゅは『“え、ここでこう来るの?”っていう異様なセットリストでやってます』と今回の狙いを告白。続いて、サイサイがCM出演している中華そば専門店『天下一品』の木村勉 社長が京都からこの日のために来場したことが告げられると、一斉に『社長! 社長!』というコールが沸き起り、木村社長が立ち上がってそれに応えるという微笑ましい一幕も。

『めちゃめちゃ久しぶりにやる曲』というMCに導かれて爪弾かれたのは「Delay」(11位)のイントロ。最近のライブで披露されることはないが、メロディアスな隠れた名曲だ。これを受けて、『何年か振りにやる曲もあるから』と前半のMCで不安まじりに話していたすぅも、『昔の曲を今やるっていうのは楽しいね』と満足げな表情を浮かべていた。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy