体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コーヒーとバターチキンカレーがおいしい! 富山の古本屋ジンジャーラーメンブックス

コーヒーとバターチキンカレーがおいしい!富山の古本屋ジンジャーラーメンブックス
富山県観光に訪れた経験はありますか? 新幹線が開業してから金沢を中心に北陸は観光客が増えましたので、「機会があれば、富山にも行ってみよう」という気持ちになっている人も居るかもしれません。

コーヒーとバターチキンカレーがおいしい!富山の古本屋ジンジャーラーメンブックス
ただ、富山市内は夜早く閉まってしまうお店が多く、夜に気軽に立ち寄れるカフェのような飲食店が少ないというデメリットがあります。

富山に来て夜にふらりと街を散策してみても、どこも閉まっている・・・。「行く場所がない!」と感じてしまうかもしれません。そのようなときは、富山市の中心からも近い『ジンジャーラーメンブックス』に訪れてみては? 元ラーメン屋が入っていた店舗で古本とコーヒーとバターチキンカレーを出すお店、夜遅くまでやっていますので、絶好の立ち寄りスポットです。

 

ラーメン屋だった店舗に入居するユニークな古本屋

コーヒーとバターチキンカレーがおいしい!富山の古本屋ジンジャーラーメンブックス
バターチキンカレーとコーヒーのおいしい『ジンジャーラーメンブックス』は、元会社員の飯野弥風音(みふね)さんが2015年11月にオープンした古本屋。弥風音さんとは珍しい名前ですが本名で、いわれを聞いてみると3月に生まれたからこの名前を親からもらったとの話でした。

もともとラーメン屋だったテナントで、今でも通りに面した壁面には「ジンジャーラーメン」というネオンサインが掲げられています。初めて訪れる人は「ラーメン屋?」と疑うかも・・・。ですが、ちゃんとした古本屋で、もちろん古物営業法による古物商許可も取得しています。

※確認中 コーヒーとバターチキンカレーがおいしい! 富山の古本屋ジンジャーラーメンブックス
店内は1階が8席のカウンターと2席のテーブル席。2階には有料の貸し切り和室があります。同店のスタイルはユニークで、古本の購入・買い取り依頼だけでも利用できますし、喫茶だけの利用も可能。食事のみの利用も店主いわく「大歓迎」だとか。合わせ技で食事やドリンクを楽しみながら、お店に並ぶ本の読書も許されています。中には3~4時間ほどの長居を楽しむ常連客も居るそう。

メニューは本を読みながらでも食べられる名物のバターチキンカレーと、富山県立山町にあるFLAT Coffeeというお店の豆を使ったコーヒー、ジュース、ホットチャイ、アイスチャイ、ラムチャイなどがあります。

コーヒーとバターチキンカレーがおいしい!富山の古本屋ジンジャーラーメンブックス
商品である書籍のラインアップはバラエティ豊かで、商品数は店主いわく2,000冊ほど。2階の和室に続く階段の蹴込みにも書籍を並べるなど、さまざまな工夫で限られたスペースに商品が展示されています。飯野さんの趣味だという「怖い本」、吸血鬼などの書籍が本当の主力商品だと言いますが、

「自分の好きな本ほど、売れない」

との思いから、現在は前店舗のラーメン店が使っていた冷蔵ショーケースに「怖い本」を入れ、しかるべき時が来るまで鎖と鍵で冷蔵保存しているとの話でした。

どうして怖い本が好きなのかと聞くと、『まんが日本昔ばなし』の影響があるのではないかと笑って教えてくれました。確かに怖い話が多いですよね。

コーヒーとバターチキンカレーがおいしい!富山の古本屋ジンジャーラーメンブックス
 

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。