体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「うまい話」は希にある! 総額100万円台から狙える最高の輸入車。それは今、2016年モデル以降のシトロエン DS3なのかも

▲見栄えも性能も良くて、古くなくて、それなのに安い……なんて「うまい話」はこの世にほとんどありませんが、2015年11月以降のシトロエン DS3は、もしかしたらそんな「うまい話」なのかもしれません!

▲見栄えも性能も良くて、古くなくて、それなのに安い……なんて「うまい話」はこの世にほとんどありませんが、2015年11月以降のシトロエン DS3は、もしかしたらそんな「うまい話」なのかもしれません!

「安いのに良いモノ」というのは存在しづらいはずだが?

内外装ともに小じゃれていて、いろいろな意味でかなり「いい車」で、周囲から「おっ、イイの買ったね!」なんてちょっとホメられそうで、運転が楽しいのに燃費はまずまずで、けっこう頑丈で、それでいてお手頃プライスな輸入車。

……なんて車がもしもあれば話は早いのだが、現実は厳しい。

前記の条件を確実に満たす車は高額なため手が出ず、かといって手が出せる車は、前記条件を満たさないことが多い。そしてじっと手を見る……というのが、基本的には現代資本主義社会の実像だ。要するに「うまい話」はないのである。

しかし、世の中にはごくごく希に「うまい話」も存在する。

この場合で言えば「内外装ともにおしゃれで、いわゆるいい車で、周囲からもホメられそうで、運転が楽しいのに燃費良好で、さほど壊れず、それでいて結構お手頃プライスな輸入車」というのが、中古車市場にはごくごく希に出現するのだ。

例えばそれは今、2016年モデル以降のシトロエン DS3(初代)のユーズドカーだと断言したい。

▲こちらがそのシトロエン DS3。いわゆる「プレミアムコンパクト」というジャンルに属する車です

▲こちらがそのシトロエン DS3。いわゆる「プレミアムコンパクト」というジャンルに属する車です

ステキな車だが前期型と中期型には少々の問題点も?

シトロエン DS3というのはフランスのプジョー・シトロエン社がシトロエンブランドにて2010年から販売しているプレミアムコンパクト、要するに「けっこう上等な小型輸入車」である。

ちなみに2016年6月1日にシトロエンの上級ライン「DS」は新ブランドとして独立したのだが、話がややこしくなるので、その点は無視してこのまま「シトロエン」として進めさせていただく。

で、このシトロエン DS3。いい車だ。見てのとおりデザインは内外装ともシュッとしており、走らせてみても小型車ながら重厚な感じで、しかしそれでいてやっぱり小型車らしい軽快感もある。とにかく、選んで間違いなしのステキな車だ。

▲全体の造形もステキですが、細かい部分までいちいちしゃれたデザイン処理がされている点も魅力です

▲全体の造形もステキですが、細かい部分までいちいちしゃれたデザイン処理がされている点も魅力です

▲後ろから見るとこのような感じ。ちなみに写真は2015年モデルの本国仕様です

▲後ろから見るとこのような感じ。ちなみに写真は2015年モデルの本国仕様です

▲インテリアのテイストもほとんど現代美術館のよう。写真は「DS」がシトロエンから独立した2016年6月以降の本国仕様。そのため左ハンドルで、内装デザインもシトロエン時代とは少しだけ異なります

▲インテリアのテイストもほとんど現代美術館のよう。写真は「DS」がシトロエンから独立した2016年6月以降の本国仕様。そのため左ハンドルで、内装デザインもシトロエン時代とは少しだけ異なります

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy