体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「東京VS名古屋VS大阪」言ってはいけないNGワード“独断と偏見”比較!

普段、住んでいる土地ではないけれど、出張や観光などで「東京・名古屋・大阪」へ訪問することが多くなったビジネスパーソンも多いのではないでしょうか?でもだからこそ要注意。あなたのちょっとした一言で地元民の反感を買う可能性もあります。地元球団の批判を言わないなどは、すでに過去のマナーです。知らないと反感を買うこともある「地域別の言ってはいけない」は、意外なところまで進出しています。そこで今回は広告代理店勤務時代に、実際に東京・名古屋・大阪のそれぞれに5年以上住んだことに加え、各土地の3,000人以上のVIPと交流し、実際に地域別の地雷ポイントを体験してきた「気配り」のプロフェッショナル・後田良輔さんに「東京・名古屋・大阪で言ってはいけないNGワード」について話を伺いました。

f:id:fujimine:20180208121618j:plain

言ってはいけない地雷は、もしかしたらプライドに隠れているかも

あなたはどんな人にイラッときますか?要領が悪い人や口うるさい人、あるいは偉そうな人にイラつく人もいるでしょう。イラつくポイントは様々ですが、共通して言えるのは、言葉や話題の選び方が悪い人ではないでしょうか?たとえばあなたが誰かに何かを頼んだとします。「はい、わかりました」と言われるのと、「はいはい、わかりました」と言われるのでは、受け取るあなたの印象は180度変わると思います。どちらの言い方もあなたの指示に従っていますが、たった1回「はい」が多いだけで軽く扱われたと感じ、プライドを傷つけられた気になるものです。極端な事例でしたが、これに似たような相手のプライドを傷つける言い方や話題の選び方が、東京・名古屋・大阪にも存在しています。言ってはいけないとは、地域の人が大切にしている独自の価値観やプライドにふれる話題のことです。ほんの少し勉強すれば、このような話題は避けることができるかもしれません。では、私の経験に基づいた具体例を見ていきましょう。

東京在住者にありがちな特徴

日本の首都だけでなく「世界の東京」であるがゆえに、政治・経済・文化・暮らしぶりも一国で最高レベルを追い求める性質を持っている。そのため本音を隠し、高いコストをかけてでも見栄を張る傾向も。またタフな人達の集合体という側面も持っている。

東京で言ってはいけない?NGワード

×「東京って水がまずいよね」

一昔前は、東京の水道水はおいしくないといわれていた時期がありました。しかし、現在は水質の満足度が高まっているといわれています。昔の印象を引きずったまま自分の地元の水道水と比べてまずいというのは、そもそもナンセンスです。

×「通勤電車が混み過ぎてて、絶対に住めない」

東京人も好きで満員電車に乗っているわけではありません。耐えられない状況に立ち向かい、みんな毎日頑張って働いています。わざわざ相手の欠点を言い立てる態度は大人のマナーに反します。もし触れるなら「通勤電車に耐えていてみなさんすごいですね」と気遣いましょう。

×「地方出身者の寄せ集めでしょ」

進学や就職の兼ね合いで地方から東京へ出てくる地方出身者が多いため、生粋の江戸っ子は意外と少ないのが東京人の現実です。酒の席などで「東京は地方出身者の寄せ集め」などと言う人がいますが、百害あって一利なし。「日本の首都であり、世界の大都市・東京」が好きで住んでいる人たちに対しては、とても無礼な物言いとなります。

名古屋在住者にありがちな特徴

(1)地理的に日本列島の中心地あたりに位置していること。(2)歴史的に織田信長・豊臣秀吉の出身地であったこと。(3)近隣に日本の貿易・モノづくりの象徴トヨタ自動車の本拠地があること。以上の3点から「日本を築き、支えているのは実は名古屋である」というプライドを持つ人が多いようです。

名古屋で言ってはいけないNGワード

×「名古屋は新幹線で通ったことがあります」

東京と大阪は行ったことがあるけど、名古屋は通過したことしかないということに、反応する名古屋在住者たちもいます。名古屋在住者の中には、日本の中心は名古屋と固く信じている傾向もあります。その証拠に国際空港の名称は「セントレア」、一番盛り上がる祭りは「にっぽんど真ん中祭り(通称ど祭り)」と名付けられており、「日本の真ん中=無視してはいけない都市」というプライドをとても強く持っています。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。