体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サーブ、三菱MRJ用整備マニュアルを制作

サーブ、三菱MRJ用整備マニュアルを制作

 2018年2月8日(現地時間)、スウェーデンの航空・軍事大手サーブは、三菱MRJ用の整備マニュアルを含む技術文書一式を制作完了したと発表しました。これはサーブにとって、最も大きな自社以外の技術文書制作案件です。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 2009年、サーブは三菱航空機とMRJに関する技術文書制作に関する契約を結びました。防衛省以外の顧客に対して航空機を販売した経験の少ない三菱にとって、様々な顧客に対応する整備マニュアルなど、技術文書制作に関してのノウハウは持っていません。そのため、この業界で豊富な実績を持つ企業のひとつであるサーブに、技術文書の制作を委託したというわけです。

 それ以来、サーブはMRJの数万ページにも及ぶ整備マニュアルなどを制作してきました。マニュアルは読み違いがないよう、技術的な専門用語を交え、簡潔な表現で書かれなくてはなりません。このマニュアルは、現在も続いているMRJの試験飛行の際にも用いられ、その中身も実際の状況に即してブラッシュアップされてきました。

 2018年1月、その最終版が三菱側に納入されました。この技術文書は業界の標準的な規格であるASD-S1000Dというものに準拠して制作されています。

 サーブの技術文書制作部門のトップ、ヨアキム・トーンクビスト氏は、このMRJ技術文書制作について「異なるふたつの文化と言語を橋渡しする必要があったので、非常にチャレンジングなものでした。また、時差も大きかったので大変でした。初めから多くの人が携わり、みんなの尽力がなければ成し遂げられなかったと思います」と、制作に携わったスタッフの労をいたわるコメントを発表しています。

 顧客が使用する技術文書が完成したことで、MRJの開発プロセスがまたひとつ、進みました。試験飛行も折り返し点となる1700飛行時間を超え、現在はアリゾナ州フラッグスタッフで高地運用試験を行っています。

 Image:SAAB

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

イギリス海軍の空母クイーンエリザベスにヘリコプター初着艦
エアバスの「宅配ドローン」デモンストレーションに成功
シンガポール・エアショウでシンガポール空軍50周年記念塗装のF-15SGお披露目

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy