体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一人旅だからこそできる極上体験はこんなにある!安全面の注意点もアドバイス

一人旅のいいところと心配なところ

挑戦ソロ旅】一人だからできる極上体験!でも注意点もあります。
「一人旅」または「ソロ旅」。挑戦したいと考えたことがある人、多いと思います。自由気ままに移動して、好きなものを食べて、気分次第で自分の興味あることだけを楽しんで。きっと楽しいだろうなと。

一方、一人だと危険じゃないかな、一人で食事しても面白くないかな、暇になっちゃうんじゃないかなといった心配も多いと思います。

今回は、一人旅ならではの25の極上の体験をご紹介。さらに一人旅での注意点も併せてお伝えします。2015年のクレジット会社Visaの調査によれば、女性のうち5人に1人が一人旅を楽しんでいるとのことですよ。

何しろ自由!自分が好きなことだけをする。

挑戦ソロ旅】一人だからできる極上体験!でも注意点もあります。
旅先では日常生活と違って、いつもなにかしらの決断の連続です。どこに出かけるか、どうやっていくか、何を楽しむのかなどなど。友達と一緒の旅だと、頻繁に相談することになります。一人旅なら誰とも相談せずに、自分の興味のまま気の向くまま、次のアクションを決めることができますよね。自由こそ、一人旅の醍醐味です。

例えば、

• 食べたいものを食べに行く。
• 好きなお店で好きなだけ時間を使ってショッピング。
• 好きなジャンルの音楽を聴きにライブに出かける。
• 好きなアーティストのアートを心行くまで楽しむ。
• 好きな時間に起きる(早く起きて朝日を見たり、ゆっくり遅くまで寝たり)。

現地のアクティビティに参加してみる!

挑戦ソロ旅】一人だからできる極上体験!でも注意点もあります。
一人旅の間、全てが自分の自由な時間。現地で参加できるアクテビティを探して参加してみるのも、素敵な時間の使い方です。友達と一緒の旅だと、共通の興味があるものじゃないと難しいかもしれませんが、ひとりなら気軽に参加できますよね。また一人で参加すると、他の参加者との会話もしやすいので、新しい出会いがあるかもしれません。

例えば、

• 現地の料理教室に通ってみる。
• 陶芸やクラフト作成のクラスで学ぶ。
• シティウォークに参加する。
• 自転車による近郊までのツアーに参加してみる。
• トレッキングに挑戦する。

現地の人たちと話してみる。

挑戦ソロ旅】一人だからできる極上体験!でも注意点もあります。
いつもだれかと話ができるグループ旅行。あたりまえですが、一人旅だと話し相手はいません。そこで、思い切ってローカルの人に話しかけてみましょう。国内旅行でも、国外旅行だとしても、ちょっと勇気がいることですよね。でも、話しかけてみれば優しく受け入れてくれる人はいるはずです。

例えば、

• 乗り物に乗り合わせた人にあいさつをしてみる。
• 居酒屋や食堂などで、そばに座った人に話しかけてみる。
• 地元ならではの商品を売るお店で、いろいろ質問してみる。

あえて、特別なことはしない。

挑戦ソロ旅】一人だからできる極上体験!でも注意点もあります。
誰かと一緒だと、常にみんなに共通すること、有意義なことをしなくちゃという気持ちになると思います。でもたった一人なら、それほどエキサイティングなことばかりをし続けなくてもいいんです。ふっと肩の力を抜いて、自分自身のためにのんびりするのはとても贅沢な時間です。日常の生活に追いかけられない旅先だからこそ、いつもよりのんびりできますよね。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy