体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バラ香るエキゾチックな東欧の国、ブルガリアってどんな国?

バラ香るエキゾチックな東欧の国、ブルガリアってどんな国?
「ブルガリア」といわれて、多くの人が真っ先に思い浮かべるのがヨーグルト。しかし、それ以外のイメージはといわれると、なかなか具体的には浮かんでこないというのが実情ではないでしょうか。

日本ではまだまだメジャーとは言えないブルガリアですが、東西文明が交わるところに位置するブルガリアは、ヨーロッパでありながらどこかアジア的な空気が流れるエキゾチックな魅力あふれる国。

知っておきたいブルガリアの基本情報と、代表的な見どころをご紹介します。

ブルガリア基本情報

バラ香るエキゾチックな東欧の国、ブルガリアってどんな国?
ブルガリア(ブルガリア共和国)は、東ヨーロッパのバルカン半島に位置する国。面積は約11万910平方キロメートルで日本の3分の1、人口はおよそ715万人です。

主要民族は南スラブ系のブルガリア人が約80パーセント。ほかに、トルコ系、ロマ、アルメニア人、ギリシャ人などがともに暮らしています。宗教はブルガリア正教が大多数ですが、トルコ系住民などイスラム教を信仰する人も。

公用語はブルガリア語ですが、観光地のホテルやレストランなどでは英語もだいたい通じます。

2007年にはEU(ヨーロッパ連合)の一員として、新たな一歩を踏み出しました。2018年1月現在、ユーロは導入されておらず、自国通貨のレフが使用されています。

ブルガリアへの道

バラ香るエキゾチックな東欧の国、ブルガリアってどんな国?
2018年1月現在、日本とブルガリアを結ぶ直航便はないため、トルコのイスタンブールやロシアのモスクワなどを経由してブルガリア入りするのが一般的。ヨーロッパ各国から、ライアンエアーやイージージェットなどのLCC(格安航空会社)も利用できます。

日本パスポート保持者の場合、90日以内の観光目的の滞在ならビザは不要。

東西文化が入り混じる国

バラ香るエキゾチックな東欧の国、ブルガリアってどんな国?
ブルガリアは、ヨーロッパでありながらどこかアジア的な雰囲気が漂うエキゾチックな国です。
ブルガリア人の祖先は、中央アジアにいたブルガール人とスラブ人。さらに14世紀後半から500年ものあいだオスマン朝に支配された歴史から、今もトルコ文化の名残が随所に見られます。

ヨーロッパ的な建物とイスラム教のモスクが隣り合うような独特の町並みは、従来の「ヨーロッパ」の概念を覆してしまうかもしれません。

世界屈指のバラの国

バラ香るエキゾチックな東欧の国、ブルガリアってどんな国?
ブルガリアは世界最高峰のバラの産地として有名で、世界中で作られるローズオイルの約7割がブルガリア産だといわれるほど。

2万種類以上もあるというバラのなかでも、特に香りがよいとされ「バラの女王」と称されるのがダマスクローズです。なかでも、ブルガリア産のダマスクローズは世界最高峰との呼び声高く、高級ブランドの化粧品や香水などにも使われています。

バラ香るエキゾチックな東欧の国、ブルガリアってどんな国?
ブルガリアにおけるバラの産地として知られるのが「バラの谷」。その中心都市カザンラクでは、毎年6月の第1週末を中心に盛大なバラ祭りが開催されます。高貴なバラの香りに包まれて、伝統音楽やダンスで盛り上がるバラ祭りはブルガリアの初夏の風物詩です。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。