体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

遠隔操作も可能!メリットたくさんのスマート食洗機「HEATWORKS TETRA」

食洗機は便利だが、実際設置するとなると水の流れを作るために水道につないだり、排出する場所を確保するなどの手間がかかってしまう。マシンの本体自体が意外と場所をとることもあり、なかなか購入に踏み切れない人も多いのでは?「HEATWORKS TETRA」は、そんな手間を排除した、コンパクトサイズのスマート食洗機だ。

・コンパクトサイズで手間いらず

コンパクトサイズをウリにしている「HEATWORKS TETRA」は、配管を必要としないスタイルのため、場所をとらずキッチンに設置することができる。食洗機内には、お皿、マグカッップ、お椀等様々な形の食器を配置することができる。なんと洗浄時間はたったの10分。必要な水は1回に約1.9ℓと少量で経済的だ。場所、水、時間、をそれぞれセーブすることができとてもエコな印象。

・スマホコントロールで遠隔操作も

wifi接続可能で、スマホアプリから食器を洗う水の温度を指定することもできる。油汚れがひどい時は温度を高くしたり、赤ちゃんのミルクを作る時は低めにするなど細かく温度を指定することもできる。

「HEATWORKS TETRA」は、2018年後半に発売開始予定で価格は300ドルを想定しているとのこと。

HEATWORKS TETRA

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy