体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イギリス海軍の空母クイーンエリザベスにヘリコプター初着艦

イギリス海軍の空母クイーンエリザベスにヘリコプター初着艦

 イギリス海軍の新鋭空母、クイーンエリザベス。現在本格的な就役に向けて運用試験中ですが、2018年2月2日(現地時間)、その飛行甲板に初めてヘリコプターが着艦しました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 まず着艦したのは、第820海軍飛行隊のマーリンMk.2(AW101)とイギリス空軍のチヌーク(CH-47)。第820海軍飛行隊にとっては、2017年6月以来となる艦上運用となりました。

 機首に「HMS QUEEN ELIZABETH」と表記された第820海軍飛行隊のマーリンMk.2、ZH846号機は艦の左舷後方からゆっくりと近づき、着艦。一旦甲板上に固定されたのち、トーバーでトーイングカーに連結され、甲板上を移動。前方の位置で再び甲板に固定されました。

 続いてイギリス空軍に所属する2機のチヌークが、同じく左舷後方から近づき、相次いで着艦。飛行甲板上に固定されました。

 また、第845海軍飛行隊に所属するマーリンMk.3も着艦。様々なバリエーションのヘリコプターが安全に着艦できるかテストされました。

 後日、チヌークは実際に舷側エレベータを使用して格納庫に収容する試験も実施。問題なく運用できることが確認されました。


 空母クイーン・エリザベスで運用される航空機は、ヘリコプターの他F-35Bもありますが、F-35Bはまだ運用試験中なので、空母クイーンエリザベスでの着艦試験はもう少し先になりそうです。

Image:MoD Crown Copyright 2018

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

エアバスの「宅配ドローン」デモンストレーションに成功
シンガポール・エアショウでシンガポール空軍50周年記念塗装のF-15SGお披露目
ボーイング、737MAX-10の仕様確定

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。