体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ノルウェイ発の座り乗り4輪バイク「Podbike」はバッテリーでも人力でも走る!

かなり変わった電動バイクがノルウェイで開発中だ。ノルウェイのスタートアップElpedalが手がける「Podbike」。

なんと4輪で、ゴーカートのように足を前方に伸ばして座るデザイン。しかも、搭載するバッテリーでも、ペダルこぎでも走るというものだ。

・1人乗り用の細めデザイン

このほど、プロトタイプが公開された。写真を見てもらえば一目瞭然だが、バイクといっても車体にまたがるタイプではなく、カプセル状でどちらかというと1人乗りコンパクトカーに近い。

しかし車のように後部座席や助手席などはなく、人ひとりが座るだけのスペースのみとなっている。

・航続距離は60キロ

ユニークなのが足元にペダルがあり、これを前後にこいでバイクを走らせることができる点。といっても、自転車のようにチェーンがあってこぐ力で車輪を回すのではなく、ペダルは後輪にあるモーターにつながっていてそこで発電する仕組み。

もちろん、ペダルをこがずに搭載バッテリーで走らせることも。航続距離は60キロメートル、トップスピードは時速25キロとなっている。

・直立姿勢で駐車

Podbikeには他にもユニークな工夫がちりばめられている。乗降時には自動で車体がやや持ち上がり、そしてドアが上に上がるようになっている。

また駐車するときは、車体が垂直に立つ。これはスペースを効率的に使うという趣旨だ。

・2019年発売予定

新発想のこのバイク、今後路上テストを重ね、2019年初めにもまずはノルウェイで、その翌年にはヨーロッパ各国で発売する予定。

バイクにしてはスピードがゆっくりだが、座り姿勢でリラックスしながら、ときに周りの景色を楽しみつつ移動するというのもありなのかもしれない。

価格は5万ノルウェークローネ(約69万円)を見込んでいる。

Podbike/Elpedal

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。