体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

井戸を掘り続けて107年。日本の技術で世界の子どもたちを救う企業の物語

井戸を掘り続けて107年。日本の技術で世界の子どもたちを救う企業の物語

■水汲みのために 学校をあきらめる子どもがいる

日本には「湯水のように使う」という言葉がある。昔からこの国では水やお湯は、「無尽蔵にある」「いくらでも使える」ものの象徴だった。

今では全国津々浦々に上下水道網が完備され、「蛇口をひねれば水が出る」ことが当たり前の生活に慣れて、ますます水のありがた味を私たちは忘れたかもしれない。

■日本の生活は世界の非常識

だが、こんな生活はひとたび世界に目を向けたならば、実は21世紀の今も例外なのだということに気づかされる。

水を手に入れるために日々、筆舌に尽くし難い苦労を強いられている国はいくらでもある。そうした国々では、水汲みは女性や子どもの仕事と見なされ、就学年齢にある子どもたちが毎日何時間もかけて、何キロメートルも離れた水源から水を運んでいる。

彼らのために学校を建てたとしても、水汲みの労働から解放されない限り、彼らは学校に通って勉強することもできない。実際、水汲みのために、学校に通うことをあきらめた子どもたちがいる。水がなければ彼らも家族も生きてはいけないのだから。

蛇口をひねれば水が出る。そんな、我われが無意識に抱いているであろう「常識」は、実は世界では例外的な少数派であることをご存知だろうか?

■日本、そして世界の大地に井戸を掘り続けた男たちの100年の物語

井戸を掘り続けて107年になる会社がある。日本初のエンジン動力式さく井機(井戸を掘削する機械)を発明し、業界のパイオニアとして日本中、そして世界の大地に井戸を掘り続けてきた株式会社日さくである。

「一滴でも多くの水を、一人でも多くの人へ」。この理念のもとに明治から平成まで、日本のみならず世界を舞台に、幾つもの不可能の壁を乗り越えてきたのが彼らの誇りだ。

『井戸を掘る 命をつなぐ――創業明治45年のさく井工事会社、100年の軌跡』(若林直樹著、ダイヤモンド社刊)は、その史実を描いたものだ。現社長自らの書き下ろしである。

若林氏は言う。「さく井という仕事は、まだまだ一般の方にはなじみの薄いものです。我われには業界のナンバーワン企業として、さく井事業というビジネスを世間に広くPRしていく責務があると考えています。本書を通して多くの方に、我われの技術の奥行きの深さや、それに関わる人々の生きざまを知っていただければ幸いです」

■彼らは砂漠のヒーローだった

実は砂漠にも、水はすぐそこにある。彼らの立っている足下に水は眠っている。だが、彼らには手が届かない。

一滴でも多くの水を、一人でも多くの人へ――。日さくはその乾いた大地に穴を掘る。そこからは宝の水が湧きいずる。そのたびごとに村人たちは歓喜し、乾いた大地に笑顔の花が咲き薫る。人々にとって日さくは、まぎれもなくヒーローだった。

私たちはさく井(井戸掘り)のことをよく知らない。しかし本書を手に取った時、その奥深さに感動し、高度な技術力に驚くだろう。日本にこんな企業があることに誇りを持つだろう。そして私たちの置かれた環境に初めて感謝したくなるはずだ。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

なぜ語彙力があると「デキる」と思われやすいの?――【言葉の専門家×若者】社会で活躍するための“語彙力”基礎講座<前>

パイオニアに聞く 日本のインバウンドビジネスの現状と課題(2)

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy