体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

<ライブレポート>8otto、再起の意欲作『Dawn On』携えツアー開幕 初日は代官山UNIT公演(本編は2秒で終了)

<ライブレポート>8otto、再起の意欲作『Dawn On』携えツアー開幕 初日は代官山UNIT公演(本編は2秒で終了)

 約6年ぶりのアルバム・リリースを受け、こちらも久々である8ottoのワンマン公演が、2018年2月6日に東京・代官山UNITにて開催された。

 2017年10月、長い時を経てついに世に放たれた最新作『Dawn On』。多彩なリズム・パターンにしろ、メロの幅が広がったマエノソノ マサキの歌にしろ、これまでの8ottoのイメージを一新する本作は、“6年も空いたのだから、今更焦っても仕方ない”と肩の力を抜きつつ、プロデューサーのGotchこと後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)とともに、試行錯誤のもと制作された意欲作。6年の空白期間に溜め込まれた衝動やアイディアが詰まった会心の仕上がりであると同時に、フレッシュで実験的精神の溢れた再デビュー作ともいえる改心の1枚なのだ。

 さて、オーディエンスの期待と興奮を尻目に10分ほど押して始まった本編は「terryman」という1曲のみで終了。2秒ほどの出来事だった。颯爽と去っていくメンバー。「一緒に行こうぜ!!」という冒頭の挨拶は何だったのか…。

 終演後には、2曲目以降しっかりアンコールになっているセットリストが配られるという、用意周到なユーモアで幕を開けた本公演は、新旧楽曲織り交ぜのセットで届けられたが、やはり随所で存在感を放ったのは『Dawn On』収録の新曲群だった。シングアロング必至のギター・リフがイントロを飾る「赤と黒」では、コール&レスポンスからマエノソノ マサキのチャントのようなシャウトも炸裂。続いて「I Wanna Light」では、4つ打ちビートの上でヨシムラ セイエイとリョウのツイン・ギターがうねる。この2曲は『Dawn On』の中でもロックンロールの爆発力をストレートに押し出しているタイプで、続く「Generation 888」「N.Y.P.」といった旧曲へ、右肩上がりに熱量を積み重ねていく。

 一方で、ホーン隊をゲストに迎えたスカ・ナンバー「It’s All Right」や、ポスト・パンク的サウンド・デザインとダンス・グルーヴの効いた「SRKEEN」といった、8ottoの新要素としてアルバムに彩りをもたらしている楽曲は、ライブでもしっかりアクセントとなっていて楽しい。もともと日本人離れしたグルーヴ・センスで洋楽ファンを取り込み、多くの外タレとも共演してきた8ottoだが、そんな“間”の美学は新作でも存分に生かされていて、「Rolling」や「Romance」は、怪しげなアンサンブルと気だるげなヴォーカルも相まって初期アークティック・モンキーズを彷彿とさせる。

 デヴィッド・ボウイのカヴァーから「Mr. David」へと繋ぎ、「You Just Not Only One」「Say」と披露して、約1時間半に及んだアンコールが終了。2ndアンコールとして披露された「Ganges-Fox」がアンセミックに“Dawn=夜明け”を告げ、6年間の沈黙を破るリリース・ツアーが幕を開けた。【Tour TBA】ということで、各公演の詳細は決まり次第発表されていくようだが、いまのところ確定しているのは、2月22日のビルボードライブ大阪公演。大阪出身の8ottoにとって、「すぐにライブをやれる大阪だからこそ、ツアーとして普段と違う雰囲気のライブを見せたい」とのことだが、強力なレパートリーを携え、デビュー当時と同等の、あるいは凌駕するほどかもしれない挑戦的で自由な姿勢で再起した8ottoならば、きっと素晴らしいショーを繰り広げてくれるはずだ。ロックンロールは場所や時間に縛られるものではないのだから。

Text by Takuto Ueda
Photo by Kazumichi Kokei

<セットリスト>
01. terryman
-En-
02. 赤と黒
03. I Wanna Light
04. Generation 888
05. N.Y.P.
06. It’s All Right
07. SRKEEN
08. Special medley
(Counter Creation~China~Ozero~MACHINEGUN BEAT)
09. Summer Night
10. Rolling
11. VOO DOO バウアー
12. RIWO
13. Romance
14. Lemontea
15. Space Oddity(David Bowie cover)
16. Mr. David
17. You Just Not Only One
18. Say
19. Ganges-Fox

◎公演情報
【『DAWN ON』Release Tour 2018-2019 -Tour TBA-】
<東京>
2018年2月6日(火) ※終了
東京・代官山UNIT
OPEN 19:00 / START 20:00 

<大阪>
ビルボードライブ大阪
2018年2月22日(木)
1st Stage Open 17:30 Start 18:30
2nd Stage Open 20:30 Start 21:30
オープニングDJ:DJ DAWA
https://goo.gl/9Wf8Q9

関連記事リンク(外部サイト)

8otto、カムバック・アルバムから「Mr. David」のMVを公開。さらにリリースツアー追加公演も発表
8ottoがついに本格再始動!新SG「Ganges-Fox」6月リリース
斉藤和義「青空ばかり」先行配信リリース決定&MVがGYAO!にて独占先行配信開始

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy