体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

PANDORA(小室哲哉×浅倉大介)音楽のあらゆる魅力と可能性を見せた夜……最後の曲は「永遠と名づけてデイドリーム」

PANDORA(小室哲哉×浅倉大介)音楽のあらゆる魅力と可能性を見せた夜……最後の曲は「永遠と名づけてデイドリーム」

 小室哲哉が愛弟子・浅倉大介と結成したPANDORA。新たな音楽の可能性を示すユニットとして動き始めた彼らがこの冬、初ミニアルバム『Blueprint』のリリースに先駆けてビルボードライブにて衝撃的なアクトを繰り広げた。

PANDORA(小室哲哉×浅倉大介)ライブ写真(8枚)

<小室哲哉35年の歴史におけるラストステージになるのかもしれない>

 あらゆる音楽家や著名人、音楽ファンが連日にわたって一人のアーティストへの意見や想いを述べ続けるという、近年稀に見る社会現象を巻き起こした“小室哲哉、引退”の報道。その以前から開催が決定していたビルボードライブ公演は、本人の「現在引き受けさせていただいているお仕事を全うさせていただくことが許されるのであれば期待に応える」というコメントもあったように、予定通りに東京と大阪の会場にてそれぞれ開催された。無論、ファンの想いは複雑。これが小室哲哉35年の歴史におけるラストステージになるのかもしれないと思えば、涙も溢れて当然だ(事実、会場には涙を隠せない観客が多数いた)。

 しかし、そんなウェットなムードとは相反して、僕らの目の前に現れた小室哲哉と浅倉大介は憂えている様子もなく、まさかの客席の間を通って登場するファンサービスから始まり、ステージに到着すると互いにアイコンタクトを取りながら、この両名が日本に浸透させたと言っても過言ではないシンセサイザーの名機たちに囲まれながら、アーバンな雰囲気全開のビルボードライブで耳にする音としては異例とも言える、プログレッシヴな爆音シンセセッションをド派手に轟かせていく。まるで音楽を初めて手にした子供のように、どこまでも無邪気に。小室哲哉インタビューでピンク・フロイド等プログレの話題になると、取材時間が決まってオーバーしていたことを思い出す。なお、小室哲哉と浅倉大介がビルボードライブ公演で用いたシンセサイザー含む機材リストは以下の通り。

◎小室哲哉機材リスト:
Moog Piano Bar
Apple MacBook Pro
Focusrite Scarlett 2i4
Roland Fantom-G6
Access Virus Indigo 2 Redback
Dave Smith Instruments OB-6
Nord Lead 3
Line6 DL4
Pioneer DJM-900 NXS x 2
Apple MacMini
MOTU 828 mk3 Hybrid
Apogee DA-16X

◎浅倉大介機材リスト:
Arturia MatrixBrute
Roland JD-XA
YAMAHA MONTAGE7
Roland JUPITER-80
Roland SYSTEM-8
Studiologic Sledge
Roland Fantom-G7
Roland JD-Xi
PioneerDJ TORAIZ SP-16
novation Circuit
PioneerDJ RMX-1000
PioneerDJ RMX-500
BOSS RC-50
MACKIE802VLZ4
MACKIE1604VLZ

<globe「Precious Memories」~安室奈美恵「Can You Celebrate?」>

 その後、PANDORA『Blueprint』収録曲であり、かの【ULTRA JAPAN】でも会場を扇情した「Shining Star」でレイヴナイトを演出すると、浅倉大介は水を得た魚のように大はしゃぎ。演奏だけでなく全力のボディランゲージでも観客を煽っていく。そしてライブは最初のMCへ。小室哲哉が静かに口を開く。「PANDORAのライブに集まってくれて本当にありがとうございます。オープニングはね、もう(浅倉大介とは)何十年と一緒にやっている仲なんで、なんとなく合っててなんとなく違ってる感じで(笑)。で、その後の曲は、去年の秋ぐらいに2人で作った「Shining Star」という曲でした。次の曲は2人で作った2曲目じゃないかな。1日ぐらいで出来ちゃったんですけど、聴いてください。「proud of you」という曲です」もう座って食事しながら聴いているほうが間違っているんじゃないかと思わせるほどの、爆発的なダンスミュージック。痛快すぎて笑えてきた。

 しかし次のブロックでは「せっかくビルボードライブ東京で、せっかくピアノもありますんで、ピアノソロを」と、小室哲哉はグランドピアノのもとへ。自身のソロワークスではもちろん、TM NETWORKやglobeのステージでも幾度となく披露され、その度にファンの涙腺を緩ませてきた「TK solo」だが、この日のソレは歴代最も聴き手の胸を締め付ける内容となった。何故なら彼が奏で出した旋律は、globeの「Precious Memories」。「学生の頃のはなし……♪」とKEIKOの歌声は聴こえてこなくとも、その音色のひとつひとつがあの頃よりたしかに大人になってしまった人々の心に沁みない訳もなく、そのタイトル通りの感慨をもたらした。しかし曲はこれで終わらない。流れるように聴こえてきた旋律は、奇しくも同じ2018年に引退することを表明している安室奈美恵の「Can You Celebrate?」。音楽の受け取り方は人それぞれ。しかしこの2人のタッグによって人生を彩られた世代からすると、まるでかつての教え子の旅立ちをお祝いしているかのようにも感じ取ることができた。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy