体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【再現レシピ】「ドトールコーヒー」風のジャーマンドックに挑戦してみた

ドトールの味を自宅で再現できる!?

あの有名店の味を自宅で再現してみよう!ということで、今回は人気コーヒーチェーン店「ドトールコーヒーショップ」のジャーマンドックにトライ! パンはサクッと、ソーセージはプリッと仕上げて、思いっきり頬張ろう。
ひと口かじった時の弾けるソーセージの食感が肝!|ドトールコーヒー風のジャーマンドック

ひと口かじった時の弾けるソーセージの食感が肝!材料(1人分)

ホットドッグ用のパン=1個
ロングソーセージ=1本
粒マスタード=適量作り方①.ソーセージをボイルする。

鍋に水を張り、沸騰したらソーセージを入れる。弱火で3分ボイルする。
沸騰した湯にソーセージを加えたら“弱火”にするのがポイント|ドトールコーヒー風のジャーマンドック

沸騰した湯にソーセージを加えたら“弱火”にするのがポイント②.パンを焼く

パンは切り込みを入れ、あらかじめ温めておいたトースターで色づく手前まで焼く。
パンの内、外側ともに水分を飛ばす感覚で|ドトールコーヒー風のジャーマンドック

パンの内、外側ともに水分を飛ばす感覚で③.ソーセージをパンに挟む

ボイルしたソーセージはペーパータオルに取って水気を切り、②のパンに挟む。しっかり水気を切るのがドトール風にする大事なポイント!
ドトール風にするには、ソーセージの水分をしっかり取り除いてから挟むのがポイント|ドトールコーヒー風のジャーマンドック

ドトール風にするには、ソーセージの水分をしっかり取り除いてから挟むのがポイント④.マスタードを絞る

ソーセージとパンの間に粒マスタードを絞る。
パンにつけるようにしないと傾けた時に落ちてしまうので注意!|ドトールコーヒー風のジャーマンドック

パンにつけるようにしないと傾けた時に落ちてしまうので注意!簡単なひと手間で本物の味に近づく

外側がカリッと焼けたパンとパリッとした食感のソーセージは、まさにドトールコーヒーのジャーマンドック! ソーセージの水分をしっかり取り除くことが最大のポイントなので、ペーパータオルはしっかり準備しておこう。こんな簡単なひと手間で本物の味に近づくから、料理が苦手な人でもチャレンジしやすい!

監修:ヤナイユキコ(フードライター)
料理雑誌の編集、ライターを経て、出産を機にフリーのフードライターに。数々の料理取材、食べ歩きの経験を活かし食品メーカーのレシピ考案も行う。現在はママ向けサイトで料理記事などを執筆。育児中でもおいしいものを食べるため、日々料理に勤しんでいる

一人暮らし向けの賃貸物件はこちら!

※このレシピは編集部が独自の見解で再現したものであり、実際のお店のレシピとは異なります。正しい味は、お店に行って確認を!
※「CHINTAI2017年10月号」の記事をWEB用に再編集し掲載しています
※雑誌「CHINTAI」2018年1月24日発売号の特集は「不思議なくらい いい部屋が見つかる本」。こちらから購入できます(毎月24日発売)
https://www.chintai.net/magazine/あなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけようあなたにあったお部屋探し ネットでCHINTAIで見つけよう

CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy