体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「Tokyo 7th シスターズ」の、あの変型ギターを本当に作っちゃった!? その再現過程をレポート!

人気スマホゲーム「Tokyo 7th シスターズ」に登場する3ピースバンド「4U」は、単独名義のミニ・アルバムをリリースし、1月&2月にZepp Osaka Bayside、TOKYO DOME CITY HALLでワンマンライヴを開催するなど大きな人気を獲得しています。
 
そんな彼女たちがゲーム内で使用しているギター(九条ウメのハート型モデル)とベース(鰐淵エモコのカスタムモデル)を、な、な、なんと本当に製作してしまった!ということで、ここでは特別にその模様をレポートします!

今回、4Uのギターとベースの製作を担当したのは、ESPギタークラフト・アカデミー。国内外の著名ミュージシャンのモデルを手がけ、高い評価を受けているギターメーカー『ESP』が運営しているギター製作を専門としている学校です。

ウメのギター!

九条ウメのギターのポイントは、なんと言ってもハート型のボディ。デザイン画に合わせ、イチから設計して製作したそうです。

指板のインレイ(ポジション・マーク)も、ゲーム内イラストを再現するためにハート型に。こいうところもかわいらしさを出すポイントですね。

ボディカラーのピンクの色味は、数種類のカラーサンプルを作り、それを「Tokyo 7th シスターズ」の制作スタッフに確認してもらって決定しました。

ギターのヘッド部分には、4UとTokyo 7th シスターズのロゴが。まさに世界に1本だけのカスタムモデルであることを証明しています!

このギターを製作するために結成された特別チームのスタッフが、木工から配線まで、細部にこだわって作業を進めました。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy