体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

集団行動、Awesome City Clubと初の自主企画イベントを開催

真部脩一(ex相対性理論)率いる『集団行動』が、2月7日発売2ndアルバム『充分未来』をひっさげ、リリース当日に初の自主企画イベントとなる『集団行動の会談公演』と題した対バン企画を渋谷CLUB QUATTROにて行った。対バン相手は、“今集団行動が対バンしてみたいバンド”としてAwesome City Clubを招聘(しょうへい)した。事前に集団行動リーダー真部脩一と、Awesome City Clubフロントマン・atagiの対談も公開されており、それぞれの期待感も語られていたが、2バンド共にたっぷりおよそ1時間、各々の個性を発揮した特別な1夜となった。
2月7日@渋谷CLUB QUATTRO (okmusic UP's)

先に登場したのはAwesome City Club。3月14日に発売予定となるEPに収録される新曲「Magnet」や、ライブではレアな選曲も含めたセットリストで会場を大いに沸かせた。そして、後半はイベント主催の集団行動が登場。オープニングで、電話の呼び出し音から、Vo.齋藤里菜の「もしもし?集団行動の時間です。」というナレーションから、齋藤と真部のデュエットソング「会って話そう」がスタート。ライブハウスでの披露は初となった。この日発売されたばかりのセカンドアルバムに収録されている楽曲は8曲全て披露し、他にもデビューアルバムからの楽曲やライブだけで披露されている楽曲も含めて、全16曲を演奏した。真部脩一のMCの中では、「2018年はライブをたくさんやる年にしたいなと思っています」という宣言も飛び出し、この日のライブは、それを裏付けるかのような、バンドのステップアップを感じさせるパワフルなライブとなった。3月にはワンマンライブとして東阪をまわるツアー“集団行動の単独公演『充分未来ツアー』”も予定されている。こちらも間もなくチケットが一般発売スタートとなるので、ぜひチェックしてほしい。

【集団行動 セットリスト】

01.会って話そう

02.ぐるぐる巻き

03.テレビジョン

04.東京ミシュラン24 時

05.充分未来

06.ホーミング・ユー

07.スープのひみつ

08.フロンティア

09.春

10.絶対零度

11.ティーチャー?

12.AED

13.土星の環

14.モンド

15.オシャカ

16.鳴り止まない
集団行動の単独公演『充分未来ツアー』
3月16日(金) 大阪Music Club JANUS

3月22日(木) 渋谷WWW X

<チケット>

■一般発売:2月10日(土)
アルバム『充分未来』
2018年2月7日発売

VICL-64912/¥2,000+税

<収録曲>

1.会って話そう

2.充分未来

3.春

4.フロンティア

5.絶対零度

6.鳴り止まない

7.モンド

8.オシャカ
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。