体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

KDDI、Xperia X Performance / XZ / XZsのAndroid Oreoアップデートを開始

KDDI は 2 月 8 日、Sony Mobile の比較的新しいモデル「Xperia XZ SOV34」、「Xperia XZs SOV35」、「Xperia X Performance SOV33」の Android 8.0 Oreo アップデートを一斉に開始しました。
上記 3 機種の海外モデルは昨年のうちにアップデートされており、ようやく日本モデルのアップデート対応も本格的に始まったことになります。
Android 8.0 Oreo は Android 7.x Nougat のメジャーアップデート版で、ピクチャー・イン・ピクチャー(PIP)、通知チャンネル、通知ドット、LDAC / aptx / aptX HD のネイティブサポート、スマートテキスト選択、Autofill によるフォームデータの自動入力、設定メニューのリニューアル、Google Play Protect のサポート、「提供元不明アプリ」の設定方法の変更、Project Treble の導入が主な変更点となっています。
詳細はこちらの記事でご確認ください。
Xperia の場合は上記の他に、「3D クリエイター」アプリが利用可能になり、カメラでは先読みシャッター(笑顔)、タッチ追尾フォーカスを使用することが可能になります。
これらは Xperia XZ1 シリーズに導入された機能です。
アップデート後のビルド番号はいずれも「41.3.C.0.297」です。
Source : KDDI(SOV33)(SOV34)(SOV35)、T さん、ご連絡ありがとうございます!

■関連記事
スマホ等の個人輸入にもおすすめ、17Trackの荷物追跡アプリ「総合荷物追跡」
2018平昌五輪の情報収集に役立つAndroidアプリを3つご紹介
【技適マーク付き】バッテリー長持ちでタフなWi-Fi FPVドローン「UDIRC U818A Plus」のレビュー 25%引きのクーポンコードを配布中

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。