体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エアバスの「宅配ドローン」デモンストレーションに成功

エアバスの「宅配ドローン」デモンストレーションに成功

 2018年2月8日(現地時間)、エアバス・ヘリコプターの小荷物輸送用ドローン「スカイウェイズ(Skyways)」による荷物輸送のデモンストレーションがシンガポールで行われ、無事成功しました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 スカイウェイズのデモンストレーションが行われたのは、シンガポールの国立シンガポール大学構内。メンテナンスセンターから離陸したスカイウェイズは、グラウンドに作られた「配送ステーション」に着陸し、装備したロボットアームを使って荷物を自力で搭載し、再び離陸。出発地であるメンテナンスセンターに荷物を搭載して帰着しました。

 このプロジェクトは、都市部における無人航空輸送システムの構築を目指して、シンガポール民間航空庁とエアバスが共同で2016年2月に始めたもの。2017年4月にはシンガポールの郵便事業会社シンガポール・ポストもプロジェクトに加わりました。

 エアバス・ヘリコプターのアラン・フローレンス氏は「今回のデモ飛行の成功で、数ヶ月後に開始予定の試験サービスへの明るい道筋をつけることができました。安全で信頼できる、都市における無人航空輸送システムは、それほど遠くない未来に実現することでしょう」と語りました。

 スカイウェイズは、2〜4kgの荷物を搭載して飛行することのできる、マルチコプター型ドローン。このデモ飛行の成功を受けて、試験的なサービスを今年中に開始する予定です。

 Image:Airbus

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

シンガポール・エアショウでシンガポール空軍50周年記念塗装のF-15SGお披露目
ボーイング、737MAX-10の仕様確定
アメリカ空軍、長距離巡航ミサイルJASSM-ERをF-15Eでも実用化

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。