体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

プロのメイク&撮影で「これが私……?」が叶う! 『変身写真館』で中国映画のヒロインになりきってみた

img_0845_2

皆さんは「変身写真館」って知っていますか? 台湾旅行で見かけた方や、コスプレイヤーさんなんかはよくご存知かもしれません。その名のとおり“変身した写真”が撮れる写真館のことで、テレビや新聞で取り上げられるなどじわじわと注目を集めています。

検索すると、色々なお店が出てきて、どれもとっても楽しそう。でも実際にどんなことをして、どんな感じになっちゃうの?! ってハテナがたくさんの方も多いと思います。という事で、今回は「変身写真館 Metalily(メタリリー)」での変身の様子をレポートしちゃいます!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-02-09-13-11-33

「変身写真館 Metalily(メタリリー)」さんは、東京メトロ、京成線押上駅から徒歩約8分、スカイツリーから2分ほどの場所にあります。お店の方によると「写真を撮った後にスカイツリーでご飯を食べたりお買い物する方も多いんですよ」とのこと。

プランは、「お気軽変身写真コース」が衣装1着でメイク込み。20〜30カット撮った中から、2枚をデータとプリントでもらえて13,800円。その他、衣装数が増えたり、アルバムがついたり、とプランによって値段が変わってきます。

こちらの写真館では手作りの衣装もたくさんあって、プリンセスチックなドレス、アイドルの様な衣装、和装などなど盛りだくさん。思わず目移りしてしまいます。

今回は、2月10日に公開となる映画『悟空伝』と、『修羅 黒衣の反逆』に出てくるヒロインの様な、中国のべっぴんさんに挑戦です!

640

『悟空伝』のニー・ニージェン・シュアン。

640-3

『修羅 黒衣の反逆』のヤン・ミー。

img_0813_2

変身写真に挑戦するのは、『悟空伝』『修羅 黒衣の反逆』の両作品を担当する、Tさん。これは衣装を着てノーメイクの状態です。このままでもとっても可愛らしいのですが……、

fullsizerender img_3684

プロのヘアメイクさんにばっちりお化粧してもらって、髪型や装飾も盛り盛りにやってもらって、

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。