体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【おもしろ検証動画】大人の味覚は子どもの半分?森永ビスケットの隠し味に気づく名探偵も

子どもの頃苦手だったトマトが、大人になって好きになった。こんな経験、ありませんか?味覚を科学的に研究しているAISSY株式会社によると、舌には「味蕾」と呼ばれる味覚センサーがあり、その数は生後3ヶ月ほどで約10,000個にもなるそうです。

ところが、年齢とともに味蕾の数は減り、人によっては20代で約5,000個になるのだとか。つまり、子どもの食べ物の好き嫌いは「苦味や酸味に対して、大人より敏感」だからなんですね。

さて、大人も子どもも大好きな“ビスケット”でおなじみの、森永製菓株式会社(東京都港区:新井徹代表取締役社長)はこのほど、大人と子どもの味覚の違いを「森永ビスケット」で検証した「大人と子どもの森永ビスケットNo.1決定戦!街角インタビュー動画」を公開。驚愕の事実とシュールな笑いが詰め込まれたWeb動画となっています。

思わず笑っちゃう珍回答も!

街灯インタビュー調査では、森永が展開している7種類のビスケットを老若男女に食べてもらい、「どんな味がするか」を答えてもらいます。

優しいミルクの味わいが特徴の「マリー」。大人が食べても「大人の味」としか答えられませんでした。しかし、子どもは「イチゴの味がする」と回答。この動画を見たAISSY株式会社の鈴木隆代表は「(マリーには)少し酸味の素を感じた。子どもは酸味や苦味に敏感なので酸味をより強く感じ、イチゴと結びついたのでは」と分析します。

驚きの名探偵キッズが現れたのは、シュガーパイ「リーフィ」の試食をしていた時でした。カリッとした食感と香ばしさが特徴の「リーフィ」。大人は「何かが香った」との回答にとどまりましたが、とある子どもは「シナモンみたいなのが入ってて」とコメントしました。

これを見た森永製菓研究員は「リーフィには隠し味としてシナモンが入っている」と告白。敏感な子どもの味覚を裏付ける結果に。

また、インタビューではクスッと笑ってしまう珍回答も続々登場します。定番の「マリー」や「アーモンドクッキー」、どれを食べても“アレ”と表現するお兄さん。小さな男の子は「要はいい香り」としたり顔で感想を話しました。さらに、どんな味かを聞かれて「べんべん!」と答える可愛らしい女の子も。

森永製菓は動画に合わせて投票型キャンペーンも実施中。2月21日(水)まで。3時のおやつに、この動画を見ながら7種のビスケットを食べ比べてみてはいかがでしょうか。Mart(マート) 2017-02-28 発売号
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。