体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

往復割引は乗らなくてもキップが1割引きになる

往復割引は乗らなくてもキップが1割引きになる

JRのキップには、発券担当の係員も覚えきれないようなルールや割引きがあります。その中でもメジャーなJRのキップ割引きが「往復割引」。往復割引は通年受けられるので活用しない手はありません。しかも、行きと帰りを同じ駅にして往復割引を適用すると、乗らなくてもキップが1割引きになるのです。

往復割引は最低1,940円の値引き

往復割引の適用条件は片道が601km以上で、行きと帰りが同一区間であれば、2枚を同時に購入することで、乗車券が1割引きになるというもの。特急券などは割引きにはなりません。

601~640kmの乗車券は9,610円ですから、最低でも970円×2=1,940円の値引きを通年受けられるので、往復割引は積極的に利用しましょう。例えばこんな場合でも…。

新幹線で東京駅から岡山駅を経由して、瀬戸大橋線の児島駅まで帰省する時。往路は東京~児島駅のキップを購入しますが、復路は家族に岡山駅までクルマで送ってもらうので、岡山~東京駅のキップを購入。これでは往路と復路が同一区間ではないため、往復割引が受けられません。

往復割引で結果的に安く乗車する

そこで実際には乗車しない、復路の児島~岡山駅を含めた児島~東京駅のキップを出発前に購入して、往復割引を受けるのです。乗らない区間の運賃を余計に支払うことになるのですが、割引額の方が大きいので、結果的に安く乗車できます。

具体的には、通常なら往路の東京~児島駅が16,620円(乗車券10,800円/新幹線自由席5,820円)と、復路の岡山~東京駅16,300円(乗車券10,480円/新幹線自由席5,820円)で合計32,920円となるはずです。

しかし、東京~児島駅の往復割引を適用すると復路の児島~岡山駅を乗車しなくても、往路の乗車券の10,800円が1割引きの9,720円で1,080円お得、復路の乗車券も9,720円なので760円お得。合せて1,840円も安くなるのでした。

関連記事リンク(外部サイト)

JRのお得な切符の買い方!分割購入で安くする!!
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
青春18きっぷで新幹線をあえて使うワープ技とは
JRのお得な切符ならJR西日本一日乗り放題きっぷ
JRきっぷのキャンセル料をタダにする方法!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。