体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

第177回「今週のアルゴリズム:同じ数を表示し続ける7セグメントディスプレイ」正解者発表

「今週のアルゴリズム」とは

「今週のアルゴリズム」問題は、毎週火曜日にちょっとした問題を出題し、正解するとニックネームを掲載していくというシリーズ問題です。そして、正解した方全員に「たいへんよくできました」バッジも付与されます。

第177回は「今週のアルゴリズム:同じ数を表示し続ける7セグメントディスプレイ」の問題です。

問題文「第177回 今週のお題:同じ数を表示し続ける7セグメントディスプレイ」

7セグメントディスプレイは7箇所の点灯の有無で数字を表示します。

7セグメントディスプレイ

この7セグメントディスプレイを横に並べて数を表示したとき、点灯している場所を数え、各桁での個数の「積」を次に表示します。

例えば、「718」からスタートすると、「7」は3箇所、「1」は2箇所、「8」は7箇所が点灯しているので、3×2×7=42を計算し、次に「42」を表示します。
また、「42」において、「4」は4箇所、「2」は5箇所が点灯しているので、4×5=20より次に「20」を表示します。
次に「20」において、「2」は5箇所、「0」は6箇所が点灯しているので、5×6=30より次に「30」を表示します。
さらに「30」において、「3」は5箇所、「0」は6箇所が点灯しているので、5×6=30より次に「30」を表示します。

つまり、「718」から始まると「718」→「42」→「20」→「30」→「30」→…というように「30」が続くようになります。
このとき、登場する数は「718」「42」「20」「30」の4種類だけです。

標準入力から整数 n が与えられたとき、上記の処理を行って過去に表示した数が再度表示されるまで探索したとき、登場する数がいくつあるか求め、その数を標準出力に出力してください。
なお、n は符号なし32ビット整数型の範囲(0~4,294,967,295)とします。

【入出力サンプル】
標準入力
718

標準出力
4

正解者

おめでとうございます!正解者のみなさんです。(新着順)

1 2次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy