体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マーベル好きにはたまらなすぎるッ! ヒーローなりきりゲームや大迫力のVR映像を楽しめる「マーベルエクスペリエンス釜山」に行ってきた

アイアンマン「フライトトレーニング」→空を飛び敵の攻撃をよけたり“リパルサーレイ”からビームを出したりする。
ハルク「パンチアウト」→飛んでくるドロイドをパンチで倒す。
ブラックパンサー「ハイジャンプ」→ブラックパンサーのごとく、ビルとビルの間をジャンプして移動する。
ブラックウィドウ「レーザーメイズ」→暗室内でレーザーに触れない様に移動する。スパイ映画的なアレ。
スパイダーマン「クライミングウォール」→いわゆるボルダリング。蜘蛛男になりきり壁をのぼろう!

と、それぞれのキャラクターの特徴に合ったものになっています。

img_1146

どのゲームもとっても魅力的でしたが、ブラックウィドウ「レーザーメイズ」の難易度高は難しすぎる!

img_7587

子供が楽しめるやさしい動きが基本ですが、難易度が選べる様になっていたりして、大人もしっかり楽しめます。「3Dシューティングシミュレーター」という、某テーマパークの様に銃でスクリーンを打って得点を競うゲームがすごく楽しかったです!

img_7574 img_7575

自分のカードにスコアが保存されて、その日のスコアランキングがでかでかと表示されるので、負けず嫌いの方は燃えるはず。

img_1141 img_1137

決めポーズをすると、キャラクターが出てくるAR空間も盛り上がります。

360度VR映像はヒーロー達に手が届きそう!

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-10-19-17-01-35_preview

スペースを移動する度に、駅の改札にICカードをピッとする感じで、入館証をタッチしていきます。こういう細かい演出がヒーローの本部っぽくてカッコいいのです。

img_1160 img_1164

「シミュラリウム」では、VRゴーグルをつけて迫力満点の映像を楽しみます。この卵型地の椅子はクルクルまわるので、360度、上下、自分がキャプテン・アメリカやブラック・ウィドウ、ウルヴァリン(!)と実際に行動している気分になれるのです。いや〜、未来きてるわ〜。

前のページ 1 2 3 4次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。