体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「衝撃のLicaxxx」が観られる、tofubeatsのMVとは?

「衝撃のLicaxxx」が観られる、tofubeatsのMVとは?
J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。2月7日(水)は、Licaxxxとのコンビでお届け! 番組ではゲストにtofubeatsさんをお迎えし、過去に共演したMVの話に花を咲かせました。

tofubeatsさんとLicaxxxは5、6年前からのつきあいになるそうです。tofubeatsさんが2014年に発表した楽曲「poolside feat.PES(RIP SLYME)」のMVには、Licaxxxが出演しているそうで……。

tofubeats:衝撃のLicaxxxさんが見れますので。
Licaxxx:あのMV、最近見たらお互いすごく若かったよ(笑)。
tofubeats:そうなんですよね。
Licaxxx:あんまりtofuくんのイメージって変わってないと思ってたんですけど、見たら全然若かった(笑)。
tofubeats:僕は老け顔と言われながらも、どんどん老けていってて。いろんな人に「25、26歳で止まるよ」って言われるんですけど、ガンガン更新してる。

まだ20代のふたりですが、今よりも若かったころに思いを馳せていました。放送ではそんなトークのあとで、tofubeatsさんが「花粉に負けない気持ち」をテーマに生DJミックスを披露しました。

tofubeatsさんは2月16日に、新曲「ふめつのこころ」のリリースを控えています。伝説のコミックがドラマ化した『電影少女』の主題歌で、ドラマ本編の音楽もtofubeatsさんが担当。関西の若手ミュージシャンが40〜50曲ほど書き下ろした曲を使っているのだとか。要チェックです!

他にも、2月9日(金)にメディアカルチャーをテーマにした、日本初のプラットフォーム機能を持つ国際イベント「MeCA | Media Culture in Asia : A Transnational Platform」に出演されます。

tofubeatsさんは、「これは、国際交流基金アジアセンターという、日本の国の機関が開催するイベントです。アジアのアーティストを観られる素敵な機会。僕も気合いのライブセットで挑みます!」と、意気込みを語りました。こちらも楽しみですね!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。