体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

河北メイクで「イキイキ小顔」に! ベースメイクのコツ

河北メイクで「イキイキ小顔」に! ベースメイクのコツ
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」。2月の木曜は、「洒落顔になれる河北メイク」と題して、人気ヘアメイクアップアーティストの河北裕介さんにお話を伺っています。2月8日(木)のテーマは「基本のナチュラルフェイスの作り方」。

河北さんによると、ベースメイクはまず、しっかりとした保湿から。朝はバタバタしがちですが、顔を洗ってすぐメイクするのはNG。化粧水はもちろん、オイル、クリームなどを使って肌に潤いを与えて。その後は、ツヤが出る下地を使います。「保湿されて整った肌」に見せるためには、マットよりツヤの出るものがいいとのこと。

ファンデーションは、軽いつけ心地でマットに仕上がるリキッドがおすすめ。オイルフリーのものを使うと、崩れにくくなります。使う量は小豆くらいの大きさでOK。しっかり保湿された肌であれば、少量でもよく伸びます。多すぎると厚ぼったくなるので注意です!

ファンデーションが薄いぶん、肌のアラはコンシーラーで隠して。目の下にクマがあると体調が悪く見えるので、オレンジのコンシーラーで整えましょう。

続いてハイライト。顔の頬、目の下からほうれい線にかかるくらいの位置に、逆三角にツヤと明るさを足します。触りたくなるような肌になるだけでなく、小顔に見えますよ!

最後はシェーディングで、顔を立体的に見せます。つけるのは、河北さんいわく「顔の折れ目」(目の端までが顔で、そこから後ろに向かう部分)。もみあげの部分までファンデーションで一色に塗ると、顔が前に出てしまうのだそう。折れ目の部分には、マットなペンシルタイプのシェーディングコスメを使い、影色をつけるとよいそうです。仕上げに、フェイスパウダーをブラシでさっと塗ります。河北さんは固形のパウダーをつかっているとのことでした。

さらに河北さんは、メイク前のマッサージも教えてくれました。首の横のリンパ、少し痛くなるような部分をほぐすだけで、むくみが取れて顔も小さくなるそうです。

次回の基本のナチュラルフェイスの作り方は「目と唇」をテーマに伺います。お楽しみに!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。