体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東京】築地本願寺で寺子屋体験!ナイトツアーや、築地オリジナルランチも♪

【東京】築地本願寺で寺子屋体験!ナイトツアーや、築地オリジナルランチも♪ スクール・ナーランダ

京都、富山と開催された18~29歳という若い世代を対象にした現代版寺子屋「スクール・ナーランダ」が、築地のランドマーク・築地本願寺で、3月3日(土)、4日(日)に開催されます♪

僧侶はもちろんのこと、脳科学者、音楽家、 ロボット開発者、映画監督などの多彩な講師陣の授業が受けられたり、みんなでディスカッションをしたり…とクロスジャンルな学びの場で刺激がいっぱいです!

また普段入れないところまで入れちゃう築地本願寺ナイトツアーや築地の名店のランチも付いていてとっても充実した特別な2日間になりそうですね。たくさんの刺激を受けて、また一つステップアップしませんか?

智慧の象徴「蓮」の名前を持つ「スクール・ナーランダ」って?

スクール・ナーランダ

浄土真宗本願寺派子ども・若者ご縁づくり推進室が主催する「スクール・ナーランダ」。その名は、5世紀北インドにあった「蓮」のある場所を意味する「ナーランダ僧院」にちなんでいます。

「スクール・ナーランダ」は2017年2月に京都の西本願寺で始まり、3月に第2回を富山で開催しました。こちらのスクールの対象は、18~29歳というこれから社会に出る若い世代。多様な分野から、現代を生き抜く智慧を学び、対話をし、体験して、自身のこころの「軸」をつくる、新しい学びの場になっています。

各分野から多彩な講師陣が登場!「スクール・ナーランダ Vol.3:東京」

スクール・ナーランダ

今回の第3回目となるスクールのテーマは、「『わたしのため』と『あなたのため』のバランス」。他者と共存しながら生きる社会の中、排他的な生き方もあれば、他者への貢献に取り組む生き方もあります。そこで、どのように「わたしのため」と「あなたのため」のバランスを取っていくのかを、様々な知見からヒントを得て、学んでいきましょう!

2日間のイベントでは、それぞれ出演講師が変わります。両日参加はもちろん、1日だけ参加でも学べることがいっぱいですよ♪

■3月3日(土)の講師

・入來篤史(脳神経科学者)

理化学研究所脳科学総合研究センター・シニアチームリーダー。専門は神経生理学、認知生物学。ヒトの知的高次認知機能の基盤とも考えられる象徴概念形成、推論/論理思考などの萌芽的機能について研究を行っている。著書に、『Homo faber道具を使うサル』(医学書院)、『言語と思考を生む脳』(東京大学出版会)、『脳科学の教科書』(岩波ジュニア新書)など。

・アン・サリー(音楽家/内科医)

2001年のデビュー以来、オリジナルアルバムの発表の他、日本全国、アジア地域で演奏活動を行うシンガー&ドクター。紅白歌合戦テーマ曲や映画の主題歌「おかあさんの唄」、CMの歌唱なども手掛ける。2017年秋には7枚目となる「Bon Temps (ボン・トン)」を発表。

・小池秀章(浄土真宗本願寺派僧侶)

平安中学校・高等学校非常勤講師(宗教科)、京都女子中学校・高等学校教諭(宗教科)を経て、現在、龍谷大学非常勤講師。本願寺派輔教。本願寺派布教使。山口市教證寺衆徒。主な著書に『高校生からの仏教入門 -釈尊から親鸞聖人へ- 』(本願寺出版社)、『仏教に学ぶ ‒生徒と共に-』(探究社)他。

■3月4日(日)の講師

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy